三国志好きにはたまらない!四川の古い街並を残している街8選

古い街並み

張飛を祀り、酢が香る古都を歩く

成都北車バスターミナル(梁家巷)からバスで4時間半。高速道路が開通したおかげで随分近くなりました。バスは8:00~16:30まで、約一時間に一本。(2012/08)

この街の見どころは「張飛廟」で張飛を拝み、「貢院」で清朝時代の役人のテストを知る。街の中心にある「中天楼」「華光楼」から古城の素晴らしい景色を眺め、 疲れたら、ここでしか体験できない特産の酢で足の疲れを癒し、美食に酔いしれる。素晴らしきかな古都!!

保宁醋
马家院的四合院 张飞庙

PR

yao xiu gai!!
張飛牛肉
またの名を「保宇干牛肉」。清朝時代からその名菜を轟かせ、すでに200年の歴史があります。お土産用にパッケージされたものもおいしいですが、やはり生でいただく牛肉は格別!!お酒がすすみます。
酸菜豆腐砂鍋
砂鍋専門店の「老字号」(老舗)があったので、食べてみました。酸菜(お漬物)は自家製で絶妙。しかもこれでたったの6元。
町中の到る所で酢が売られています。どのお店に入ってもの酢を試飲させてくれ、一口試飲した瞬間にすぐわかります!ここの酢は熟成されほのかに甘く、香りが他とはまったく違います!ココでしか買えない名産をどうぞ!
牛肉面
朝、馬家院客桟の横で繁盛している店があったので、入ってみることに。ドロッとした麺はどうやらここでは牛肉面と言われています。見た目ほど濃くはなく、美味い麺でした!!
羊雑面
羊の内臓と平べったい面が入った透き通ったスープの麺。スープに味はほとんどなく、自分で塩、酢を入れて味付けをしていただきます。あっさり系の面。
吊湯拉面
注文したらおばさんが威勢よく面をこね、作ってくれる自家製面。一两(小盛)からも注文でき、小腹が好いた時に食べるとちょうどいいです。
成都周辺の古い街並

成都から近く古い街並が今も残る古都をまとめてみました。四川省にはまだまだ古い街が残されています。

PR

黄龙溪

黄龍溪は成都南部、成都市から40km、成都市双流県にあります。2011年「四川で一番美しい古い街」として選ばれました。 歴史は長く1700年あると言われています。

成都から近いということで週末になるとたくさんの人が訪れます。街の通りは古く、細い路地に入り探検するのも面白いです。 街の突き当りには大きな川が流れていて、川沿いでゆっくりお茶を飲み、ご飯をいただくことができます。 ここの名物料理に「一根麺」(又は「長寿麺」)という面があります。その名の通り、長い長い一本の麺です。

>> 黄龍溪の基本情报 - 住所:四川省成都市双流县黄龙溪
- 移動:新南門バスターミナルからバスで1時間ぐらい。

洛帯

成都市龍泉地区にある客家が作った古い街。
洛帯は三国志時代に建てられ、劉備玄徳の皇帝家の別荘地として始まりました。明朝末期、清朝初期に広東、江西、湖南等から沢山の人が戦乱を逃れるため 四川へ移住、四川の客家文化が育まれました。現在、この街に住んでいる90%が客家と言われています。

広東会館、江西会館、湖南会館、川北会館が見どころ。「傷心涼粉」「油燙鵝」を筆頭に洛帯には数々の有名な料理があります。 ゆっくり街を歩き、客家文化を感じ、美食に酔いしれてください。

>> 洛帯の基本情报 - 住所:四川省成都市龙泉驿区八角井街东郊龙泉驿区
- 移動:新南門バスターミナルからバスで1時間ぐらい。

昭化

昭化古城は四川省北部、広元市から36km、中国国内で一番保存状態がよい三国古城といわれ、また中国地方政権建置史では最も最初に郡県制が敷かれた県の一つ。”巴蜀一県”と称されています。 となりは陝西省。天然要塞「剣門」は昭化から50kmの位置にあり、一緒に回るのが最適です。

街全体の道路は青石が敷かれ、古い城門が3つ残り、昔の古城建築がそのまま残った街です。 この地方の美食いえば、豆腐。「剣門豆腐」は有名でここでしか食べれない味です。

>> 昭化古城の基本情报 - 住所:四川省广元市元坝区昭化古城‎
- 移動:昭覚寺バスターミナルから昭化行きのバスが出ています。

街子古鎮

街子古鎮は崇州から25km、世界遺産「青成山」の近くです。
街の中の古い民家は清朝時代からのもの。この街には伝説があり、明朝、第2代皇帝:建文帝が北京から失踪した際、 この街に身を隠し、隠居したいう逸話があります。まだあまり知らていない古鎮、穴場です。

>> 街子古鎮の基本情报 - 場所:四川省成都市崇州市街子镇
- 移動:金沙バスターミナルから街子古鎮行きのバスが出ています。

上里

上里古鎮は雅安氏市から27km、成都からも約2時間~3時間で着きます。 ここはパンダが初めて発見された場所としても有名です。四川十大古鎮の一つ。

ちょっとマニアックですが、南方シルクロードの宿場町として栄えた街です。 この街の名物料理は「烏骨鶏燉山芋」「達達麺」、是非、試してみてください。

>> 上里の基本情报 - 住所:四川省雅安市名山县上里古鎮
- 移動:石羊場バスターミナル、新南門バスターミナルから「雅安」へ行き、雅安から名山県上里へ行けます。!

平楽

平楽古鎮は成都西南部の邛崃市に位置します。四川十大古鎮の一つ。
ちょっとマニアックですが、南方シルクロードの最初の宿場町。この付近は古鎮が多く、 おすすめはまず雅安に行きまだ開発されていない「望魚古鎮」→「上里古鎮」→「平楽古鎮」という3つを巡る旅。
それぞれ一泊すると3泊4日の旅です。その後、抜けて青成山へ行くのもおすすめです!!平楽古鎮のおすすめ料理は「奶湯面」。

>> 平楽古鎮の基本情报 - 住所:四川省成都市邛崃市禹王街平乐古镇
- 移動:新南門バスターミナルから平楽古鎮行きのバスが出ています。

隆昌

隆昌県南関古鎮は四川省南部にあり、成都から約200km。清朝時代からの中国最大の牌坊牌坊(páifāng)とは中国の伝統的建築様式の門の一つで、中華街で見かけるあの門のことです。群が存在する街。 保存状態もよく、「中国の石牌坊のふるさと」と言われています。全国重要文化財。

現存する石牌坊は17個、17個それぞれストーリーがあるとされています。牌坊とは渋いテーマですが、歴史を感じれる街 です。おすすめ料理は「紅焼兎肉」「隆昌豆花」「隆昌豆花飯」等。

>> 隆昌の基本情报 - 住所:四川省内江市隆昌县南关石牌坊古镇
- 移動:五桂橋バスターミナルから隆昌行きのバスが出ています。

tibet trip top
backpack
map
page top
おいしい四川オリジナルグッズ
四川料理のガイドブック