四川料理のガイドブック
 

発祥は鼻煙壺から「内画芸術」!ガラスの中に絵を描く

内画芸術

奇跡の中国絵画

ガラスの中に絵を描く民間工芸。最初に作られたものは「内画鼻煙壺」。瓶の口から筆をいれ、裏返しに絵、 文字を書くことで外側からはキレイに見える。現在はガラスの中、アクセサリーの中と様々なものの中に描かれている。

内画芸術
内画芸術 内画芸術 内画芸術

「内画技術」の起源は清朝、乾隆~光緒時代の間と言われています。中国伝統民間芸術として、非常に高い技術の手法が必要。

先生の名は梁衛衛氏。内画技術の達人に弟子入りし、技術研究にはげみ10数年。小さなアクセサリーから大きなガラス玉まで、ガラスの中に中国世界を見ることができる作品です。

価格:数十元~1万元

index

弟子入り可 ---- 資格:絵を書く基礎があること

興味が有る方は,こちらにご連絡ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

PR

2013.11.11

自貢

2013.11.11

宜賓

2013.11.11

濾州

2013.11.11

蜀南竹海

2013.11.11

李白古鎮 楽山料理
page top
おいしい四川オリジナルグッズ
四川料理のガイドブック