四川料理のガイドブック
 

ひょうたんを加工し作る中国アート「葫芦画」

葫芦画

ひょうたんアート

昔から中国ではひょうたんはめでたいものとして扱われています。葫芦画とはひょうたんの上に中国特有の字、詩、絵を描く民間工芸です。ハンダゴテのような道具で絵を描いていきます。

葫芦画
葫芦画 葫芦画 葫芦画

先生の名は高大山氏。中国民間芸術家。元々、中国絵画の画家で、密画の画法で書いたパンダは今も中国人民大会堂に収蔵されている。

その後、瓢箪の上に描く中国的な芸術に関心を持つ。作品の巧みな構想、きめ細かい手法は中国的な絶技。 「葫芦画」の大きな特徴は「キャンパスが瓢箪という事」「中国絵画の技術を集結」「創造は土着文化に帰属する」という三点。

価格:数十元~1万元

index

弟子入り可 ---- 資格:美術の基礎が必要

興味が有る方は,こちらにご連絡ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

PR

2013.11.11

自貢

2013.11.11

宜賓

2013.11.11

濾州

2013.11.11

蜀南竹海

2013.11.11

李白古鎮 楽山料理
page top
おいしい四川オリジナルグッズ
四川料理のガイドブック