四川料理のガイドブック
 

中国を表現する切り絵「剪紙」!四川随一の切り絵師が作る

剪紙

中国を表現し続ける

切り絵。中国語で「剪紙」(jiǎnzhǐ)。漢民族の中で一番古い民間工芸の一つ。6世紀から存在していると言われています 。専用のハサミ、又は彫刻刀を用いて紙の上に花や動物、風景、人物、中国の風習などの図案を切り出す。紙の色は赤が多い。

剪紙
剪紙 剪紙 剪紙 剪紙

イ族、中国民間切り絵師、中華民族文化促進会切り絵委員会会員。四川省民間文芸協会会員。成都市民間文芸家協会理事。 成都市青羊九民間文芸協会理事。

小さい頃から切り絵が好きで、祖母の下、切り絵を習い、四川を代表する切り絵師になる。切り絵に携わり30数年。

龍先生曰く、「芸術に完璧ということはありません、芸術が好き、表現が好きという人が本当の芸術家」 このような思想をもった芸術家。

これまで彼女は非常に多くの作品を制作。精細でかつ生き生きとし気品がある作品。 国内外の取材も多く、今まで香港、日本、アメリカ、フランス、韓国等へ招待されるなど様々なところで活躍。国際的な評価も高く、 作品は博物館、芸術院にも収蔵されています。切り絵大会でもいくつも賞を取っていますが、龍先生曰く、一番需要なのは伝統文化を継承し広めること。 近年、龍先生は複数の大学で美術の指導を行い、若い人々に切り絵芸術を伝えています。

今回、デザインの要素として龍先生の切り絵をいくつか使用させていただきました。 ロゴの文字、パンダも龍先生の作品をアレンジして使っています。

龍先生と初めて会ったのは、実は2004年、青羊宮の横の文化公園にお店を出していた時。帰国前に大量に龍先生の作品を購入しました。 それから8年、まさか錦里で再び会え、コラボできるとは夢にも思いませんでした。人生の巡りあわせは面白い!

価格:数十元~1万元

index

弟子入り可 ---- 資格:落ち着いて作業ができる人

興味が有る方は,こちらにご連絡ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

PR

2013.11.11

自貢

2013.11.11

宜賓

2013.11.11

濾州

2013.11.11

蜀南竹海

2013.11.11

李白古鎮 楽山料理
page top
おいしい四川オリジナルグッズ
四川料理のガイドブック