これが四川の小龍包「龍眼包子」!50年代からの成都名物【成都】

痣胡子包子

成都名物の復活

"龍眼小籠包" 
(lóngyǎn xiǎolóngbāo)

餡は新鮮な豚肉。肉まんは龍の目の大きさを見立てて作ることから「龍眼包子」と呼ばれている。若干小ぶりの豚まん。餡はしっかり味が染みこみ、一口噛めば肉汁が飛び出す。

痣胡子包子
痣胡子包子 痣胡子包子 痣胡子包子 痣胡子包子

龍の目を形どった、小さなサイズの肉まん。成都生まれの「小籠包」と呼びたくなるような、成都の名小吃です。

1950年代の四川省成都、髭をはやかしたあざのある男が天びん棒を持ち肉まんを売っていました。 この肉まんは瞬く間に評判に。しかしこの男の名前がわからない。次第に人々はこの肉まんのことを、 「痣胡子包子」(あざとひげのある男が売る肉まん)という愛称で呼ぶようになりました。

そんな痣胡子から受け継がれている肉まんを、現在ではこちらのお店でいただくことができます。 一番ポピュラーなのが、新鮮な豚肉を使った定番の「豚まん」で、その他に宜賓名物の漬物「芽菜」入りの肉まん「芽菜包子」(yácài bāozi)や 甘辛いチャーシュー入りの「叉焼包子」(chāshāo bāozi)が人気です。

小ぶりの肉まんは、少しづついろいろな味を試したい時にはうれしいいもの。 中にはさまれている餡はどれをとっても、お肉がたっぷり入っていて、そのジューシーさは、 お墨付き!新鮮な素材を餡に使用し、作りおきではなく、蒸したてほやほやの証なのです。アツアツのうちに口いっぱいに頬ばります。

今回紹介しているのは本店ですが、文殊院の近く文殊坊にも支店があります。
実はこの本店のすぐ隣に長蛇の列を作っている肉まん屋があり、折角なのでいただきましたが、お味は龍眼小籠包の方がおいしいと思いました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
食べ方
通常、中国の朝食では肉まんとお粥は一緒に食べます。またお粥に味はなく、漬物などとも一緒に食べます。ただし、肉まん単独で注文することも可能です。
注文方法
サイズが小さいので、肉まんは一蒸篭、蒸篭の半分という感じで注文します。一蒸篭6個です。テイクアウト、店の中で食べるどちらか好きな方を選んでください。

テイクアウトする場合
   「带走」   (dàizǒu)

豚まんを一蒸篭6個注文する場合
   「鲜肉,一笼」   (xiānròu , yī lóng)

豚まん、チャーシューまんを蒸篭の半分づつ(3づつ)注文する場合
   「鲜肉,叉烧,一样半笼」   
(xiānròu , chā shāo , yīyàng bàn lóng)


pageback

PR

価格、おすすめ 肉まん一蒸篭、6元。おすすめ:龍眼小籠包、叉焼龍眼包
住所 四川省成都市青羊区西安南路5号
住所(英語) sìchuānshěng chéngdūshì qīngyángqū xīānnánlù 5 hào
行き方は?成都市の中心、天府広場からの行き方になります。 No.64、43のバスに乗り「通惠门」で下車。100m先。
営業時間 6:00 ~ 20:30
環境
その他 更新:2013/02/01

MAP

PR

このサイトが本になりました!

2013.11.11

自貢

2013.11.11

宜賓

2013.11.11

濾州

2013.11.11

蜀南竹海

2013.11.11

李白古鎮

2013.11.11

成都四川料理博物館

2013.11.11

成都食べ歩きプラン

2013.02.01

楽山料理

2013.02.01

成都周辺の名物料理

2013.02.01

五大、十大蠅飛レストラン
page top
おいしい四川オリジナルグッズ
四川料理のガイドブック