四川で愛される折耳根!ドクダミの根と鯉の丸焼き「折耳根烤魚」【宜賓】

飄香烤魚

クセのある宜賓の夜の味

"折耳根烤魚" 
(ジャーアールゲンカオユィー)

辛い 辛い 辛い

折耳根(ドクダミの根)と丸一匹の鯉をスパイスにつけ焼いた料理。

"生椒包漿豆腐" 
(シェンジャンバオジュアンドウフ)

辛い 辛い 辛い

雲南省紅河州建水県が発祥の発酵した豆腐。唐辛子と一緒に焼いた料理。

飄香烤魚
飄香烤魚 飄香烤魚 飄香烤魚 飄香烤魚

ドクダミを中国語では折耳根(ジャーアールゲン)といい、成都では冷菜としてよく食べられます。独特の臭みと苦味があり、最初は戸惑ってしまうかもしれませんが、食べ続けるとクセになる、ちょっと大人向けの素材。

ここ宜賓でも冷菜としてよく食べられますが、臭豆腐にそっとあえる薬味などにも使われます。私たちが興味を持ったのは、そんな折耳根好きの宜賓市民が生んだ「折耳根烤魚」という料理です。

街を歩いていると一軒のどこにでもあるような店の看板に「折耳根烤魚」の文字を発見。しかし、見た目があまりにも普通すぎる、その時はここはおいしくなさそうだと判断し、夜食の店が多い別の通りを回ることにしました。回ってみたものの、烤魚専門店で人気がある店はなく、結局、最初に見つけた店に戻ることに。念のため、となりの商店に聞き込みをしたところ、「おいしいよ」の一言。ここに決まりです。

アツアツの黒い鉄板の上においしそうに焼き上がった魚。魚の上にはスパイスと折耳根。食べてみると、魚に味がしみこみ、すごくおいしい!大当たり!このおいしさの秘訣を店主の龍さんにうかがうと、あっさり企業秘密を教えてくれました。

「調味料をつけ魚を焼いた後、最後に油でさっと揚げること、これが秘訣さ」、開業は1995年。宜賓市内にはたくさんおいしい料理があるけど、うちのように最後に揚げるという工程を入れてないんだ、もう何年もこの商売をしている、だから秘訣を見られても大丈夫だよ。何の変哲もない店の自慢は、小事にこだわらないという豪快な味なのでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
食べ方
ビールを頼み、つまみにどうぞ!
注文方法
折耳根烤魚、生椒包漿豆腐を注文する場合

   「折耳根烤魚、一份」    (ジャアールゲンカオユィー、イーフェン)
   「生椒包漿豆腐、一份」    (シェンジャオバオジャンドウフ、イーフェン)
pageback

PR

価格、おすすめ 折耳根烤魚 48元(700gぐらい)、包漿豆腐 20元
住所 四川省宜宾市大南街50号
住所(英語) sìchuānshěng yíbīnshì dànánjiē 50 hào
行き方? 宜賓市内の中心なので、行きやすいです。移動は三輪車がおすすめ。
営業時間 17:30~深夜2:00
環境 店は狭い、支店なし
その他  

MAP

PR

このサイトが本になりました!

2013.11.11

自貢

2013.11.11

宜賓

2013.11.11

濾州

2013.11.11

蜀南竹海

2013.11.11

李白古鎮

2013.11.11

成都四川料理博物館

2013.11.11

成都食べ歩きプラン

2013.02.01

楽山料理

2013.02.01

成都周辺の名物料理

2013.02.01

五大、十大蠅飛レストラン
page top
おいしい四川オリジナルグッズ
四川料理のガイドブック