50年前の味をいまでも!李庄古鎮で食べる喜沙油糕

喜沙油糕

育まれる長い歴史

"喜沙油糕" 
(シーシャーヨウガオーi)

原料は糯米。中の餡は緑豆で作ったあんこ。最後にカリッと揚げて完成。

喜沙油糕
喜沙油糕 喜沙油糕 喜沙油糕 喜沙油糕

李庄古鎮で朝ごはんを食べるなら、喜沙油糕はいかがでしょうか。喜沙油糕はお餅の中に緑豆入りあんこを入れ、それを油でカリッと揚げた料理。そのまま食べてもおいしいし、豆乳につけて浸しながら食べるのもおすすめです。

1957年に国営企業として開業。当時から喜沙油糕、富油黄耙、三角糍粑、油条、豆乳等のメニューが李庄住民に大人気。1980年代に起こった経済開放の時に独立。その時、当時から作ってきた職人もそのまま残り、伝統的な技術は失われずにすんだのよ、と店主の王さんは教えてくれました。50年前の味を今も変わらず提供するため、良質の東北産の糯米、紅糖、緑豆を使い、当時の製法で丁寧に作り続けています。

私たちが取材をしている時、中学生の女の子が朝ごはんを食べていました。いつもここで朝ごはんを食べるのが大好き!という彼女に、しっかり伝統の味は受け入れられていて、安心したのでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
食べ方
そのまま食べるのもよし、豆乳に浸しながら食べるのもおすすめ
注文方法
喜沙油糕を注文する場合

   「喜沙油糕 1.5元」    (シーシャーヨウーガオ、イーガァ)
pageback

PR

価格、おすすめ 喜沙油糕 1.5元
住所 四川省宜宾市李庄古镇正街29号
住所(英語) sìchuānshěng yí bīn shì lǐzhuāng gǔzhèn zhèngjiē 29 hào
行き方は? 五桂橋バスターミナルから「宜賓」へ。宜賓到着後、タクシーで宜賓南岸バスターミナルへ移動し、「李庄古鎮」へ。
営業時間 6:00~11:00
環境 支店なし。木製の古いテーブル、椅子が味がある。
その他  

MAP

PR

このサイトが本になりました!

2013.11.11

自貢

2013.11.11

宜賓

2013.11.11

濾州

2013.11.11

蜀南竹海

2013.11.11

李白古鎮

2013.11.11

成都四川料理博物館

2013.11.11

成都食べ歩きプラン

2013.02.01

楽山料理

2013.02.01

成都周辺の名物料理

2013.02.01

五大、十大蠅飛レストラン
page top
おいしい四川オリジナルグッズ
四川料理のガイドブック