双河葡萄井で作られる三国志時代からあるスイーツ「凉糕」【宜賓】

葡萄井楊氏凉糕

宜賓で食べる
本場の夏スイーツ

"葡萄井凉糕" 
プータオジンリャンガオ

原料は玄米、ゼリーのような食感が特徴で黒蜜を垂らして夏に食べるスイーツ。

葡萄井楊氏凉糕
葡萄井楊氏凉糕 葡萄井楊氏凉糕 葡萄井楊氏凉糕 葡萄井楊氏凉糕

成都では夏になると街の到る所で出てくるのが「涼面」(リャンメン)と「涼糕」(リャンガオ)。涼糕というのは原料は玄米、ゼリーのような食感がおいしい夏に食べられるスイーツ。涼糕の正式な名前は長いのですが、「双河葡萄井凉糕」。双河というのは四川省南部にある宜賓から少し南へ下った村の名前。双河村の葡萄井戸で作られた涼糕ということです。

宜賓の双河葡萄井凉糕の歴史は古く、一説によると三国志で有名な三国時代からあったということ。諸葛孔明が南蛮平定の時、孟獲を7回捕え7回釈放し、降伏させたエピソードは有名ですが、まさにその場所です。

本当のおいしいモノをシャアするという熱い思いのもと、旅行者はあまりこない宜賓まで足をのばしましたが、そこから双河村まで凉糕を食べに行くのは日程的にも厳しい!宜賓市内でおいしい場所がないか探した結果、見つけたのがこの店です。

優しい店主、楊さんに話をきくと「宜賓で店を出して6年、商売も順調だよ」と話してくれました。涼糕で一番需要なのは水、この店では毎日、双河村で作られた涼糕をわざわざ宜賓まで運んできているとのこと。

竹に入った涼糕をいただきましたが、これがびっくりするぐらいおいしい!もしかして孟獲は涼糕につられて降伏したのでは?と歴史と重ねておいしさを噛みしめるのでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
食べ方
いろんな味がありますが、黒蜜をつけるのが定番
注文方法
一般的な凉糕と竹の筒に入った凉糕を頼む場合

   「凉糕,一个」    (リャンガオ、イーガァ)
   「竹筒凉糕,一个」     (ジュウトンリャンガオ、イーガァ)
pageback

PR

価格、おすすめ 各凉糕4~5元、竹筒凉糕9元
住所 四川师范大学本部校园春天广场一楼b1-13(总店)
住所(英語) sìchuānshěng yíbīnshì cuìbǐngqū hé jiāngjiē 16 hào
行き方は? 宜賓市内の中心なので、行きやすいです。移動は三輪車がおすすめ。
営業時間 7:00 ~ 22:30
環境 支店なし
その他  

MAP

PR

このサイトが本になりました!

2013.11.11

自貢

2013.11.11

宜賓

2013.11.11

濾州

2013.11.11

蜀南竹海

2013.11.11

李白古鎮

2013.11.11

成都四川料理博物館

2013.11.11

成都食べ歩きプラン

2013.02.01

楽山料理

2013.02.01

成都周辺の名物料理

2013.02.01

五大、十大蠅飛レストラン
page top
おいしい四川オリジナルグッズ
四川料理のガイドブック