もうすぐ100年!ワンタン作りに一生を捧げる「劉抄手」【金堂】

劉抄手

ワンタンを作り続け
もうすぐ一世紀

"紅油抄手" 
ホンヨウチャオショウ

辛い 辛い

柔らかいワンタンにピリッと辛いラー油を合える四川定番の料理。

"松茸面" 
ソンロンミェン

松茸が入った香りがいい麺。スープはあっさりした豚骨。

劉抄手
劉抄手 劉抄手 劉抄手 劉抄手

1928年、生計を立てるため、劉家ではワンタン作りを始めます。そのワンタンは徐々に評判を呼び、中華民国、中華人民共和国と時代ともにずっと作られ続けてきました。「経済改革が始った1982年に国営から私営として再スタートしたんだよ」と、気のいい店主はおしてくれました。

ワンタンを作り続けて、もうすぐ一世紀、味も作り方も変わらない、昔ながらの味が今もかわらず体感できます。餡と皮の絶妙なバランス、口の中で自然に広がっていく味。ワンタンはあまり好きな方ではないのですが、すごく気に入りました。

そして、この店のもう一つのおすすめは「松茸面」。日本人にしたら、何とも贅沢な面です。

伝統の中に新しい要素を入れ、百年続く店を。劉家では今も家族経営で伝統の味を守り続けています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
食べ方
小盛にしてワンタン一椀、麺一椀を食べましょう。
注文方法
紅油抄手、松茸面を注文する場合

   「紅油抄手,小碗」     (ホンヨウチャオショウ、シャオワン)    「松茸面,小碗」     (ソンロンミェン、シャオワン)
pageback

PR

価格、おすすめ 小碗5元,中碗7元,大碗9元
住所 中国四川省成都市金堂县青果街99号
住所(英語) zhōngguó sìchuānshěng chéngdūshì jīntángxiàn qīngguǒjiē 99 hào
行き方は? 成都昭覚寺、五塊石、火車東站バスターミナルから「金堂」行きへバスへ乗り一時間。金堂到着後、タクシー又は三輪車で。
営業時間 7:00 ~ 14:00、17:30 ~ 20:30
環境 本店。金堂に4つ支店有。
その他  

MAP

PR

このサイトが本になりました!

2013.11.11

自貢

2013.11.11

宜賓

2013.11.11

濾州

2013.11.11

蜀南竹海

2013.11.11

李白古鎮

2013.11.11

成都四川料理博物館

2013.11.11

成都食べ歩きプラン

2013.02.01

楽山料理

2013.02.01

成都周辺の名物料理

2013.02.01

五大、十大蠅飛レストラン
page top
おいしい四川オリジナルグッズ
四川料理のガイドブック