排骨と白酒で乾杯!知る人ぞ知る路地裏の人気店「鄢排骨‎」【成都】

鄢排骨‎

ファンが支える
小さな人気店

"排骨‎" 
パイグー

漢方がたっぷり入った醤油ベースの特性タレに、具材をじっくり漬け込み、さらに煮込むこと「鹵」(ルー)といい、この手法で作られた料理を鹵菜(ルーツァイ)と言います。この店は鹵菜店で排骨(豚のスペアリブ)がおすすめ。

鄢排骨‎
鄢排骨‎ 鄢排骨‎ 鄢排骨‎ 鄢排骨‎

約8年前、成都で働いていた時にたまに同僚と食べに行った店です。この店はせまいのに、昼時になると付近のサラリーマン、OLがご飯を食べる、近所の酒飲みのおやじ達が鹵菜をつまみに白酒をのむ、ということで、いつも昼時は込んでいました。

8年ぶりに行ってみましたが、やはり12時すぎは人がいっぱいで席もない。人が少なくなる時間帯を見計らって、一時間半ぐらい時間をつぶし再度、行ってみると、次は近所の住民たちがちらほら。私たちと同じように混む時間帯は避けているようです。

久しぶりにこの店の名前にもなっている排骨を食べましたが、しっかり味がしみこみ、おいしい。8年前と味も変わらず、店も変わらず、そこにいてくれていました。 昔は鹵菜の持ち帰り専門だったんだよ、でも持ち帰りだけじゃなくてテーブルも置いてほしいとお客さんから要求があって、それで今のように中で食べれるようにしたんだ、と店主の鄢(エン)さんは教えてくれました。

1984年、四川省図書館の食堂で鄢さんは鹵菜を作っていたそうです。その後、料理の道からは外れましたが、昔のお客さんからあんなにおいしい鹵菜が作れるんだ、鹵菜の店をやった方がいい!と言われ、1994年に成都市の城守街で鹵菜の店を開業します。

そして、2000年に今の三聖街に移り、現在に至るとのこと。当時、鄢さんに鹵菜の店をやった方がいいと言った人は先見の目がある、相当なグルメ家なんだろうなと、排骨とビールに感謝しながら思うのでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
食べ方
白酒、ビールのつまみにぴったり。いろいろ注文しましょう。
注文方法
スペアリブ、豚のレバー、湯葉を注文する場合

   「排骨、一块」    (パイグー、イークァイ)
   「猪肝、一两」    (ジューガン、イーリャン)
   「豆筋、二根」    (ドウジン、アールゲェン)
pageback

PR

価格、おすすめ 排骨 33元/500g、豆筋 16元/500g、猪肝 21元/500g
住所 四川省成都市锦江区三圣街58号
住所(英語) sìchuānshěng chéngdūshì jǐnjiāngqū sānshèngjiē 58 hào
行き方は?成都市の中心、天府広場からの行き方になります。 56、43、72路に乗り、「紅星路」で下車。徒歩200m。春熙路からは約500m。
営業時間 10:00~20:00
環境 支店なし。店は非常に狭い。
その他  

MAP

PR

このサイトが本になりました!

2013.11.11

自貢

2013.11.11

宜賓

2013.11.11

濾州

2013.11.11

蜀南竹海

2013.11.11

李白古鎮

2013.11.11

成都四川料理博物館

2013.11.11

成都食べ歩きプラン

2013.02.01

楽山料理

2013.02.01

成都周辺の名物料理

2013.02.01

五大、十大蠅飛レストラン
page top
おいしい四川オリジナルグッズ
四川料理のガイドブック