100年継ぎ足された無添加の鹵水!鹵菜の街からきた「万春腌鹵」【成都】

万春腌鹵

無添加、百年の
特性ダレの味

"万春腌卤" 
ワンチュンイェンルー

様々な具材を100年受け継がれた特性ダレに漬けこむ鹵菜(ルーツァイ)。成都郊外からほど近い温江区の中の万春鎮の名物。

万春腌鹵
万春腌鹵 万春腌鹵 万春腌鹵 万春腌鹵

中華料理の中で鹵(ルー)という料理法は古く、紀元前から存在したとの説も。鹵とは具材を漢方入りの醤油ベースの特性タレに漬け込み、煮込むこと。この特性タレを鹵水、また四川では鹵をする前に塩、酒等で漬ける腌(イェン)を行うため、この料理の総称を腌鹵(イェンルー)と呼びます。

成都からほど近い温江区の中に万春鎮という村があり、この村を一躍有名にしているのは腌鹵。紹介するのはその万春鎮からきた「万春腌鹵」という店です。百年絶えることなく、代々受け継がれた鹵水で作られる料理は、表現しきれない香りとおいしさでした。

忙しい中、話をうかがうと成都で店を構えて13年。小さな店から始めて今は6店舗に拡大。通りを見渡すと万春腌鹵の店の対面、左右と6店舗並んでいるのが見えます。徐々に人気が出て隣の店を吸収して行ったのでしょう。

種類は豊富で好きな具材を選び、重さを店員に伝えます。おすすめはいろんな種類を注文し、酒のつまみに。一味唐辛子をたっぷりつけピリ辛で。受け継がれてきた鹵水の味と素材を楽しむなら、そのままで。どちらもおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
食べ方
白酒、ビールのつまみにぴったり。いろいろ注文しましょう。
注文方法
おすすめはスペアリブ、牛の胃、タケノコ、鶉の胃、湯葉。注文方法は複雑なので、指さしでもokです。

   「排骨、一块」    (パイグー、イークァイ)
   「毛肚、一块」    (マオドゥー、イークァイ)
   「笋子、一根」    (スゥンズ、イーゲェン)
   「鹌鹑月君肝、二两」    (アンチュンジュィンガン、アールリャン)
   「豆筋、二根」    (ドウジン、アールゲェン)
pageback

PR

価格、おすすめ 排骨38元/500g、毛肚60元/500g、笋子25元/500g、鹌鹑月君肝:60元/500g、豆筋:20元/500g
住所 四川省成都市金牛区营和巷53号
住所(英語) sìchuānshěng chéngdūshì jīnniúqū yínghéxiàng 53 hào
行き方は?成都市の中心、天府広場からの行き方になります。 バス43路、48路に乗り「抚琴西路」で下車。徒歩約500m。
営業時間 11:00 ~ 2:00、17:00 ~ 23:00
環境 支店なし。
その他  

MAP

PR

このサイトが本になりました!

2013.11.11

自貢

2013.11.11

宜賓

2013.11.11

濾州

2013.11.11

蜀南竹海

2013.11.11

李白古鎮

2013.11.11

成都四川料理博物館

2013.11.11

成都食べ歩きプラン

2013.02.01

楽山料理

2013.02.01

成都周辺の名物料理

2013.02.01

五大、十大蠅飛レストラン
page top
おいしい四川オリジナルグッズ
四川料理のガイドブック