【洛帯】独自の燻製レシピ「洛帯鴨」ここでした食べれません!

洛帯鴨

顧客の満足
大きく発展

"洛帯鴨" (luò dài yā)

かなり複雑な工程ですが、簡単に書くと鴨を薫製にした後、漢方入り醤油ダレで煮込む料理。薫製の香りが素晴らしく、食感も弾力があってよい。お酒のつまみに最適。

洛帯鴨
洛帯鴨 洛帯鴨 洛帯鴨 洛帯鴨

成都近郊の龍泉地区の洛帯は客家が作った古い街並が魅力の街です。ここでは小吃が有名で街の至るところで客家人が生んだ小吃小吃(xiǎochī)とは軽食を指します。軽く食べれる小さい料理。広義には一つの料理。が食べれます。商標登録もしていなので、同じような小吃を売るところも多く、どこで買えばいいのか悩みます。

洛帯鴨は店主が長い年月をかけてあみだした料理です。商標登録済みでこの店一店舗しか売っていません。 開店してから十数年、十何通りもあり複雑な料理工程を経てこの特殊な鴨料理は作り上げられます。 一番のポイントは時間。薫製の時間は長く、食べれるようになるまで大体一ヶ月はかかります。

薫製特有のあの濃い香りが漂い、脂っこさも絶妙なあんばいで大人の食通を唸らせる料理です。似た料理に油燙鵝があります。非常に似た味がしますが、ガチョウより鴨の方が食感がよく、こちらの方がおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
食べ方
お店で食べるもよし、テイクアウトもできます。
注文方法
鴨は半分、又は丸一匹から購入。

半分買う場合
   「洛带鸭,半只」   (luò dài yā , bàn zhǐ)

一匹買う場合
   「洛带鸭,一只」   (luò dài yā , yī zhǐ)

真空パックに包むサービスもあるので、長い期間保存する場合は以下のように言いましょう。
   「要真空包装」   (yào zhēn kōng bāo zhuāng)
pageback

PR

価格、おすすめ 洛帯鴨、500g、28元。
おすすめ:洛帯鴨、油燙鵝
住所 四川省成都市龙泉驿区洛带镇老街上街174号
住所(英語) sìchuānshěng chéngdūshì lóng quán yìqū luòdài zhèn lǎojiēshang jiē 174 hào
行き方は? 新南バスターミナルから、洛帯古鎮へ。
営業時間 9:00 ~ 22:00
環境 2階にお茶屋もあり、トイレもあります。
その他 更新:2013/02/01

MAP

PR

このサイトが本になりました!

2013.11.11

自貢

2013.11.11

宜賓

2013.11.11

濾州

2013.11.11

蜀南竹海

2013.11.11

李白古鎮

2013.11.11

成都四川料理博物館

2013.11.11

成都食べ歩きプラン

2013.02.01

楽山料理

2013.02.01

成都周辺の名物料理

2013.02.01

五大、十大蠅飛レストラン
page top
おいしい四川オリジナルグッズ
四川料理のガイドブック