【洛帯】客家が生んだ超激辛の小吃「傷心涼粉」!泣くほど傷つく味

傷心凉粉

四川客家の伝統料理

"傷心凉粉" (shāngxīn liángfěn)

傷心凉粉 傷心凉粉 傷心凉粉 傷心凉粉

原料はエンドウ豆。調味料を十数個混ぜ合わせて作る四川客家料理名物。口当たりよくつるっと食べれますが、とんでもなく辛いです。

"油燙鵝" (yóu tàng é)

かなり複雑な工程ですが、簡単に書くとガチョウを薫製にした後、漢方入り醤油ダレで煮込み、その後熱した油で油通しを行う料理。薫製の香りが素晴らしく、味は少し甘い感じ。食感は弾力があり、完璧。この辺一帯の有名な名物料理。

傷心凉粉
傷心凉粉 傷心凉粉 傷心凉粉 傷心凉粉

「洛帯」(luò dài)といえば、「おいしい小吃がたくさんある!」とみんな口をそろえて言うほど、「洛帯」地方にはいろいろな種類の「小吃」があるのです。

この街に暮している実に90%が客家と言われています。 彼らは明朝末期、清朝初期に広東、江西、湖南地域から 戦乱を逃れるため、四川へ移住してきました。その中で四川文化と融合した独特の客家文化が育まれたのです。

そして今では、客家文化と「小吃」は切っても切り離せないほど、彼らはいろいろな「小吃」をあみだしてきました。 その代表的なのが「傷心涼粉」(shāngxīn liángfěn)。

傷心とは中国語で傷つくという意味です。この料理は特製の激辛唐辛子を使用し、一旦食べると呼吸が止まりそうなぐらいの辛さが襲います。 そして新鮮でたっぷりかかった花椒花椒(huājiāo)とは山椒の実。四川料理の定番スパイス。が舌をしびれさせます。 その辛さは頭から煙がでてしまうかのようで、鼻水もでてきて最後には泣いてしまうほど。 だけどおいしいからまた食べてしまう、はたから見れば泣いているようみえるので「傷心涼粉」と名づけられました。

四川ではとても有名な名物なので、ここへやってくる旅行者は食べてみよう!と挑戦しますが、あまりの辛さにお手上げのよう。 客家の人は、そんな人たち向けに、新しく辛さがマイルドな「油香涼粉」(yóuxiāng liángfěn)をあみだしました。こちらは胡麻の香りが香るやさしめの味。

四川客家の自慢の味を試しに、ちょっと足をのばして「洛帯」へ日帰り旅行。 きっとおいしく楽しいひとときが待っているはずです。

 -【四川人が選ぶ!成都周辺でしか食べられない名物料理9選】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
食べ方
最初にソースをからめて、すすらず、噛み切るように食べます。服に飛ばないように気をつけてください。
注文方法
最初に注文をしてお金を払います。

傷心凉粉を注文する場合
   「伤心凉粉、一份」   (shāngxīn liángfěn 、yī fèn)

油香凉粉を注文する場合
   「油香凉粉、一份」   (yóuxiāng liángfěn 、yī fèn)
pageback

PR

価格、おすすめ 凉粉一椀、7元。
おすすめ:傷心凉粉、油香凉粉、油燙鵝
住所 四川省成都市龙泉驿区洛带古镇老街
住所(英語) sìchuānshěng chéngdūshì lóngquán yìqū luòdài gǔzhèn lǎojiē
行き方は? 新南バスターミナルから、洛帯古鎮へ。
営業時間 9:00 ~ 19:00
環境 環境はいい、トイレもあり。
その他 更新:2013/02/01

MAP

PR

このサイトが本になりました!

2013.11.11

自貢

2013.11.11

宜賓

2013.11.11

濾州

2013.11.11

蜀南竹海

2013.11.11

李白古鎮

2013.11.11

成都四川料理博物館

2013.11.11

成都食べ歩きプラン

2013.02.01

楽山料理

2013.02.01

成都周辺の名物料理

2013.02.01

五大、十大蠅飛レストラン
page top
おいしい四川オリジナルグッズ
四川料理のガイドブック