この鴨料理はレストランより屋台が美味しい!庶民的な「冒鴨子」【成都】

冒鴨子

庶民が生んだ美食

"冒鴨子" (mào yāzi)

少し辛い

醤油漬け(漢方入り)にした鴨を火であぶり、秘伝のスープで煮込む四川名物。鴨の血、モヤシなどの野菜もスープに入れて一緒に食べる。鴨は身が引き締まり、食弾力のある感が絶妙。濃い香り鼻に残る。醤油ベースの味。

冒鴨子
冒鴨子 冒鴨子 冒鴨子 冒鴨子

「冒」(mào)とは、”スープで煮込む”という調理法をあらわした中国語。

「冒鴨子」(mào yāzi)は、冒菜冒菜(màocài)とは火鍋より少し軽いスープに肉、野菜等の具材を入れ煮込む料理。少し辛く火鍋よりすっきりした味わい。の調理法を基本として、カモで同じ調理を試してみたらおいしいかも!というアイデイアでつくってみたら、 やっぱりおいしかったので、定着したのではないかなんていううわさもありますが、発祥ストーリーはよくわからないまま。 そんな「冒鴨子」ですが、今ではこんなにも成都の人たちのこころをギュッとつかんでしまいました。

成都で売られている冒鴨子は、どこのお店でいただいても、まずまずおいしくて、一番を絞り込むのがむずかしいのです。 基本的にテイクアウトのみなのですが、市場の付近にも、たくさん「冒鴨子」売っているお店があります。 おいしい香りさそわれて直感を信じて買ってみる!なんていうのもありではないでしょうか。

ちなみに、ここで紹介しているはお店は、以前に住んでいた地域の近くにあって、私がよく通っていた味も、価格も文句のないお店です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
食べ方
テイクアウト専門店。器に移しそのまま食べれます。
注文方法
鴨は半分、又は丸一匹から購入。

半分買う場合
   「冒鸭子,半只」   (mào yāzi , bàn zhǐ)

一匹買う場合
   「冒鸭子,一只」   (mào yāzi, yī zhǐ)
pageback

PR

価格、おすすめ 一般的に一羽20元前後
住所 成都各市場の付近には大体あります。
住所(英語) chéngdū de gègè càishìchǎng fùjìn
営業時間 10:00 ~ 19:00
環境 売っている箇所は主に屋台。
その他 更新:2013/02/01

MAP

PR

このサイトが本になりました!

2013.11.11

自貢

2013.11.11

宜賓

2013.11.11

濾州

2013.11.11

蜀南竹海

2013.11.11

李白古鎮

2013.11.11

成都四川料理博物館

2013.11.11

成都食べ歩きプラン

2013.02.01

楽山料理

2013.02.01

成都周辺の名物料理

2013.02.01

五大、十大蠅飛レストラン
page top
おいしい四川オリジナルグッズ
四川料理のガイドブック