女子に人気!安くてボリュームありピリ辛な四川名物「冒菜」【成都】

蜀香冒菜

すべては顧客の為に

"冒菜" (mào cài)

激辛 激辛 激辛

火鍋より少し軽いスープに具材を入れ、豆鼓黒大豆を発酵させた調味料。使用すると料理にコクがでる。ベースの秘伝タレをからませて食べます。思ったより辛くはなく、火鍋よりすっきりした味わいです。

蜀香冒菜
蜀香冒菜 蜀香冒菜 蜀香冒菜 蜀香冒菜

時間はいつの間にかあっという間に過ぎ、かつて長く住んでいた四川師範大学を最後に訪れたときから、8年が経過していました。 しかし、このお店の冒菜の味は変わっていませんでした。

冒菜(màocài)は火鍋より油が少ないことも理由のひとつなのか、女の子に人気の料理です。大学のエントランスにほど近い、 たくさんのお店があつまるエリアなので、ここにやってくるのはほとんどが大学生。 もちろん、安くておいしいということをよく知っている食通たちも、車を走らせてやってきます。

四川師範大学は教育系の大学ですが、言語を学べる学課が多いためもあり、女子生徒の数は、男子生徒のおよそ2倍。 そんな少数派の男子たちですが、女子にまざってでも食べにきたくなるほど、このお店は男女ともにアツイ支持を得ているのです。

ここの冒菜の特徴は、火鍋によく似たティストのスープで、各種の具材を煮たあと、具材によってそれぞれ別々のお椀にいれて、 できあがったものから一椀、一椀運んでくれるスタイル。 通常、他のお店では好きな具材を選んだ後、同じように煮付けてもらいますが、できあがった具材は、 ひとまとめにして盛り付けられて運ばれてくることが多いのです。

豆鼓をベースとした秘伝のタレも用意してくれます。 このタレを、具材を煮込んでいた素材のうまみがたっぷり凝縮されたスープとよく混ぜ、 あつあつの具材にたっぷりつけていただくと、女子に囲まれてでも 食べにきてしまう、この大学の男子学生の気持ちが少しわかったような気がするのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
食べ方
まず箸でタレをからめてから食べます。ごはんと合うので、ごはんの上に具をのせて食べると最高です!
注文方法
メニューを見て注文します。大、小があるので、好きな具を選んだら、以下のように注文します。

牛肉の普通サイズを注文する場合、
   「牛肉,小份」   (niúròu , xiǎo fèn)

野菜の大盛りを注文する場合、
   「蔬菜,大份」   (shūcài , dà fèn)

ご飯を注文する場合、
   「米饭,一份」or「打饭」   (mǐfàn , yī fèn)(dǎ fàn)
pageback

PR

価格、おすすめ 肉入り:普通 8.5元、大盛り 12元
野菜のみ:普通 6.5元、大盛り 9元
※野菜の量はかなり多いです
住所 四川师范大学本部校园春天广场一楼
住所(英語) sìchuān shīfàndàxué běnbù xiàoyuán chūntiān guǎngchǎng yīlóu
行き方は?成都市の中心、天府広場からの行き方になります。 No.56、343、43、332、336、「四川師範大学本部」で下車後、右手の施設内へ。
営業時間 10:30 ~ 21:30
環境 お昼、夜のごはん時は人が多いです(美人大学生も多い)。トイレは施設内にあります。
その他 更新:2013/02/01

MAP

PR

このサイトが本になりました!

2013.11.11

自貢

2013.11.11

宜賓

2013.11.11

濾州

2013.11.11

蜀南竹海

2013.11.11

李白古鎮

2013.11.11

成都四川料理博物館

2013.11.11

成都食べ歩きプラン

2013.02.01

楽山料理

2013.02.01

成都周辺の名物料理

2013.02.01

五大、十大蠅飛レストラン
page top
おいしい四川オリジナルグッズ
四川料理のガイドブック