成都で一番の餃子専門店!ラー油をたっぷりほんのり甘い「紅油餃子」

紅油餃子

品質がすべて
それが一番大事

"紅油餃子" (hóngyóu jiǎozi)

辛い 辛い

餡は豚肉、皮の原料は小麦。鍋に餃子を入れ煮込み、火が通ったら秘伝のニンニク、ラー油をベースにしたタレにつけて食べる。味は少し辛く、甘い。口当たりも滑らか。

紅油餃子
紅油餃子 紅油餃子 紅油餃子 紅油餃子

中国の餃子の起源はいつの時代かははっきりとはわかりませんが、餃子のおいしさは現代まで長く受け継がれてきました。

春陽餃子は80年代に創業して以来、地元の人たちから愛されつづけています。餃子のおいしさの決め手は手作りか手作りでないか。 春陽餃子でいただける餃子は、正真正銘、毎日手作りされる新鮮な餃子。皮も手作り、餡ももちろん手作りで、店内でひとつひとつ丁寧に作られていく小ぶりの餃子は手作りならではの美しい形をしています。

調味料は秘伝の配合で、アツアツ、もちもちの餃子にからむと、口にいれた瞬間に、たっぷりの肉汁と合わさって、深い味わいが後を引きます。 日本でいただく、餃子のあっさり感と比べてみると、本場の中国の味を一度味わってしまうと、ちょっとものたりなくなってしまうかもしれません。

「すべてを手作りで作るのは私の母のこだわりだったんです」と店主はうれしそうに話してくれました。 品質がすべて、それが何よりも大切という思いを胸に、今日も春陽餃子はおいしい餃子で成都人のおなかと心を満たしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
食べ方
箸で餃子の下にあるソースをからめてからいただきます。
注文方法
餃子は一椀一椀、注文します。量は多くないので、2椀はぺろっと食べられます。

紅油餃子を注文する場合、中国語で以下のように注文します。
   「红油饺子,一碗」   (hóngyóu jiǎozi , yīwǎn)
pageback

PR

価格、おすすめ 5.5元 一椀。おすすめ:紅油餃子。
住所 四川师范大学本部校园春天广场一楼b1-13(总店)
住所(英語) sìchuān shīfàndàxué běnbù xiàoyuán chūntiān guǎngchǎng yīlóu b1 - 13 ( zǒngdiàn )
行き方は?成都市の中心、天府広場からの行き方になります。 No.56、343、43、332、336、いずれかのバスに乗り「四川師範大学本部」で下車後、右手の施設内へ。
営業時間 7:00 ~ 21:00
環境 環境は普通。トイレは施設内にあります。
その他 更新:2013/02/01

MAP

PR

このサイトが本になりました!

2013.11.11

自貢

2013.11.11

宜賓

2013.11.11

濾州

2013.11.11

蜀南竹海

2013.11.11

李白古鎮

2013.11.11

成都四川料理博物館

2013.11.11

成都食べ歩きプラン

2013.02.01

楽山料理

2013.02.01

成都周辺の名物料理

2013.02.01

五大、十大蠅飛レストラン
page top
おいしい四川オリジナルグッズ
四川料理のガイドブック