【厳選】老舗の激辛麻婆豆腐から大衆食堂まで | 人気店看板料理

人気店看板料理

伝統の味を受け継ぎ
進化している四川料理

川南地方
成都川菜博物館

特色川菜とは直訳すると特色ある四川料理のこと。川菜は四川料理のことです。ここでピックアップしたのは人気店の看板メニュー。 陳麻婆豆腐を筆頭に百年続く【百年老店】から地元で絶大な人気を誇るレストランまですべて食べ歩き確認。 13億の中国人をうならせ、世界に認められた四川料理のご紹介!

click

成都

トロトロに煮た肘肉をこってりとした四川のおばぁちゃんの味で。ボリューム満点、ごはんと相性抜群。

click

成都

たっぷりの青花椒を使い、しびれる麻(マー)が特徴の魚料理。青花椒は影干しをした山椒の実のこと。

click

成都

豚の脳みそを火鍋のようなスープに入れ煮た料理。とろける食感とピリ辛の味がおいしい逸品。

click

成都

豚足をタイ風味(酸っぱく辛い)で味付けした一風変わった料理。独特の味が新鮮です。

click

成都

庶民的な串料理!食べたい串を選び、火鍋のようなスープで煮込んだ料理。特徴は串につけるスパイス!

click

成都

柔らかく煮込んだ肘肉をピリッと辛い成都の味付けで和えた冷菜。丁寧な仕事が素晴らしい料理。

click

成都

路地裏の小さな看板もない店からスタート。次第にファンが増え2011年には中華名物の称号を!

click

成都

店主が是非食べてほしいとオススメしてくれた茄子の冷菜。とろける茄子の食感が最高!

click

成都

激辛好きで酒飲みでご飯を食べるのが大好きな人へ。たっぷりの牛肉と麻辣の味がやみつきに!

click

成都

魚は川魚ですが、大量の新鮮な調味料を入れることで最高の料理に。見た目通り、裏切りはありません!

click

成都

カリッと衣、中は柔らかい食感。おいしさがつまった魚の切り身に大満足!大人数で食べに来てください!

click

成都

焼菜(シャオツァイ)は隠れた成都名物料理。豆瓣醤をベースに味付けされた各種煮込み料理をどうぞ!

click

成都

中華民国初期からある張氏樟茶鴨子。これが楠の葉とジャスミン茶で燻製する伝統の四川ダック!

click

郫県

無添加自家製の豆瓣醤をたっぷり使った魚料理。本当の四川料理を広める!川菜博物館の本気の料理!

click

郫県

伝統的な四川料理の中にライチ風味を入れた「宮保鶏丁」。普段食べる料理とは一味違う味を!

click

平楽古鎮

鴨の血とモツにたっぷりのスパイスを。酸っぱい漬けた唐辛子などいろいろ味が楽しい地方料理。

click

平楽古鎮

大きな鍋にあるのはたっぷりのスープと羊肉。お椀にもってご飯と一緒に食べる平楽古鎮名物!

click

自貢

注文後に兎をしめるから超新鮮!重慶市の西にある璧山県民が編み出した地方料理に自貢の辛さをプラス!

click

自貢

発酵した空豆を煮たスープ。このスープは本当においしいく、辛い料理を食べた後、最後のシメにどうぞ!

click

自貢

好きな部位を辛いつけダレで食べるシンプルな料理。あえて調味料をあえることはせず、素材を楽しむ!

click

自貢

自貢地方で食べられている料理。川魚の蛋をピリ辛に煮る。自貢の友人が一番オススメしてくれた一品

click

自貢

魚を丸ごと一匹使った豪快な料理。新鮮さ、丁寧な仕事と高い技、すべてが一つになり、この形に!

click

宜賓

宜賓で冒菜と鉢鉢鶏が交わり一つになった!好きな串を選び、ピリ辛スープでさっと煮る料理

click

李庄古鎮

宜賓ではドクダミの葉をよく食べます。薬味で使うこともあれば、冷菜としての一品もオススメ!

click

李庄古鎮

取材した中で一番おいしかった料理、李庄白肉!豚のもも部分を茹で神業のように薄くスライスする

click

蜀南竹海

蜀南竹海の中でとれた竹、山菜、等の自然の恵みで作る料理。見たこと聞いたこともない竹の部位がすごい!

click

濾州

黒豆が入った無添加のおぼろ豆腐を12種類のスパイスを合わせてつけダレで食べる!

click

濾州

ヒノキ科の一種コノテガシワの枝を使い燻製にした豚足 。田舎の味を街で食べたい!そんな思いがつまった味

陳麻婆豆腐 click 陳麻婆豆腐

成都

百年以上続く老舗、日本にも支店がある陳麻婆豆腐。本店の味はすごい!文句のつけようがない成都の名店。

糖醋排骨 click 糖醋排骨

成都

江蘇省で生まれ、四川で完成した新派四川料理の一つ。スペアリブを揚げて甘酸っぱく味付をした有名な料理。

干鍋兎 click 干鍋兎

成都

四川名物スープがないスパイシー鍋。鶏、兎など中の具は自分で選び、好きな野菜の追加もOK!

豆花肥腸 click 豆花肥腸

成都

詩人李白の故郷、四川省北部の江油はモツ料理が有名。朝からモツを食べる江油人が作る絶妙なモツ料理。

仔骨肥腸 click 仔骨肥腸

成都

米粉をまぶし骨付き肉とモツを蒸す創作モツ料理。この店のモツ料理はどれも独創的でおいしいです。

郷村鴨 click 郷村鴨

成都

ジャガイモはこだわりの万源産を使用。鴨と一緒にトロトロに煮込む、重慶人のおもてなしのように優しい味。

香脆鴨 click 香脆鴨

成都

皮は北京ダックのようにパリパリ、中は楽山甜皮鴨のように柔らかい歯ごたえ。四川料理の技を結集した絶品。

自貢料理 click 自貢料理

成都

四川省の南方は美食が多く、その中で一番辛い料理は自貢料理。辛さの中に絶妙なうまさを体現する料理!

芋儿焼鶏 click 芋儿焼鶏

華陽

里芋と地鶏の激辛鍋。この店の特徴は注文後、地鶏をその場で絞めること。超新鮮な地鶏の身は素晴らしい!

荷包醤肉 click 荷包醤肉

成都

醤肉とは醤油で豚肉を煮込み、干して作る中国の伝統料理。ハスの葉で醤肉を包み、そして蒸す逸品。

豆腐脳花 click 豆腐脳花

成都

最近流行っている新派四川料理。豆腐と一緒に炒めるのはなんと豚の脳みそ!えぐいですが、食感がいい!

香酥魚 click 香酥魚

成都

お椀一般に敷き詰められた唐辛子と山椒の実。ふんだんに調味料を使用、味を引き出し、魚を食す。最高!!

恐竜兔 click 恐竜兔

成都

唯一無二の新派四川料理。兎という食材を極めた料理ともいえます。食べ終わったら解る料理名「恐竜兎」!!

火爆鱔魚 click 火爆鱔魚

成都

鱔鱼とは日本語でタナウナギ。食感はウナギに近く、四川料理ではこの食材を使った料理が非常に多い!

陳凉粉 click 陳凉粉

成都

この店の看板メニューは豆で作ったこの冷菜。何十年も地元の人から愛されている庶民的なレストラン!

龍眼肉 click 龍眼肉

成都

元国家主席胡錦涛も食べた四川省東部の南部料理。モツと漬物を和えたご飯のセット。クセになる田舎の味。

坨坨肉 click 坨坨肉

成都

豚バラをとろとろに蒸した田舎料理。この量で200円という安さ。お肉好きにはたまらない一品。

龍眼肉 click 龍眼肉

成都

豚バラ肉でもち米を包み真ん中に杏を入れて蒸した田舎料理。ちょっと甘いがもっちりした食感がいい!!

連山回鍋肉 click 連山回鍋肉

広漢連山鎮

知る人ぞ知る最強の回鍋肉。豚肉も自家生産というこだわりの逸品を是非、ご賞味ください。

凉拌鶏片 click 凉拌鶏片

成都

成都市にも認められている名店。この店の看板メニュー、鶏のスライス、鶏の内臓は辛くしびれる絶品!!

凉拌鶏雑 click 凉拌鶏雑

成都

鶏ガラスープでご飯を煮込む成都名物の雑炊。この食べ方だと四川の米もおいしい!!

山薬燉鶏 click 山薬燉鶏

成都

山芋と鶏を煮込んだ絶品スープ。山芋は健康によく長寿の源。オープン後、皆が注文するため、お早めに!!

豆腐魚 click 豆腐魚

成都

豆腐と魚一匹丸ごと使用する豪快な料理。味は麻婆豆腐のようなごはんと合う味。これで500円以内!

王鶏肉 click 王鶏肉

成都

この店オリジナルの看板料理。カリカリに揚げた鶏に甘酸っぱいソースをかけて食べる絶品料理!

舒肘子 click 舒肘子

温江

20年前にすでにその名を馳せた肘料理。現在43個もの肘料理を生み、提供している名店。

干煸肘子 click 干煸肘子

温江

新しい肘料理。干煸とは短時間に食材を加熱、調理する方法。トロトロの肘肉にさっと炒めた具材が絶妙。

東坡肘子 click 東坡肘子

温江

トンポーロウ(東坡肉)といえば日本人も有名、ここ四川では東坡肘子!外はカリカリ、中はトロトロ!

翹脚牛肉 click 翹脚牛肉

楽山

楽山の蘇稽村で生まれた名物料理。牛肉のありとあらゆる部位を食べるこの料理は奥が深く、大人の料理!!

游記肥腸湯 click 游記肥腸湯

楽山

百年続く楽山の老舗。支店を増やさず、頑固に味る。名物はエンドウ豆とモツを煮込んだ絶品スープ。

香酥肥腸卷 click 香酥肥腸卷

楽山

モツの中にもち米を入れカリカリに揚げた新しい料理。モツを超えて芸術の域に達している美味しい料理。

武砂鍋 click 武砂鍋

楽山

熱々の砂鍋で食べる牛肉は最高においしい。アツアツのスープをご飯にからめて食べると最高!!

血旺 click 血旺

楽山

血旺は鴨の血を煮て作る楽山名物料理。ここの血は何と言っても新鮮さが違います。

粉蒸牛肉 click 粉蒸牛肉

楽山

米粉を牛肉をまぶし蒸した楽山名物料理。成都にもこの料理はありますが、楽山の方が上です!!

黄燜鶏 click 黄燜鶏

楽山

「燜」とはふたをしたままとろ火で煮る調理法。この店の看板料理は黄燜鶏。一度食べたら忘れらない味!

  • 写真をクリックするとお店の詳細ページに行きます。

    page top
    おいしい四川オリジナルグッズ
    四川料理のガイドブック