牛バラ肉に激辛つけダレ!重慶から伝わった「蘸水菜」【自貢】

蘸水菜

伝統の中の新たな料理

"蘸水菜" 
ジャンスイツァイ

辛い 辛い 辛い

蘸水(ジャンスイ)というのは日本語で訳すとつけダレ。牛肉、兎肉、豚肉等に火を通し、辛いつけダレで食べる料理。

蘸水菜
蘸水菜 蘸水菜 蘸水菜 蘸水菜

蘸水(ジャンスイ)というのは日本語で訳すとつけダレのようなもの。友人の聞くところによると、この単語の発祥は重慶。成都だと通常、冷菜は調味料があえてあるものが多いですが、重慶ではあえて調味料をあえることをせず、タレにつけて食べる(蘸水)ほうが好まれるようです。

 この店は蘸水料理がおすすめの人気店。食べる具材はお肉が中心で牛バラ肉、兎肉、足の筋肉など様々。食べてみましたが、シンプルですごくおいしい。酒飲みの私は、願わくばこれをつまみとして、ビールをいっぱい飲みたい!と時間のなさをなげくのでした。

 気を取り直し、従業員に話しを聞くと、開業してから10数年、2012年には四川TVも取材にきたことがあるのだとか。取材した時に店主はいなかったですが、それもそのはず、店主は中学の先生とのこと。グルメ好きが生じて自分の好きな店を作ってしまった、そんなことを想像しながら食べる蘸水菜はやっぱりビールと最高だなと、思うのでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
食べ方
たくさん種類を選び食べてください。ビールととってもあいます。
注文方法
1両(50g)ずつ注文します。五花牛肉、白肉、蹄筋を注文する場合

   「五花牛肉,一两」    (ウーホァーニュロウ、イーリャン)
   「白肉,一两」    (バイロウ、イーリャン)
   「蹄筋,一两」    (ティージン、イーリャン)
pageback

PR

価格、おすすめ 五花牛肉 8元/両、白肉 8元/両、蹄筋 8元/両
住所 四川省自贡市春华路54-56号
住所(英語) sìchuānshěng zìgòngshì chūnhuálù 54 - 56 hào
行き方は? 店名、住所を見せ、タクシーでどうぞ。
営業時間 8:30 ~ 14:00、16:00 ~ 21:00
環境 本店、1支店あり。
その他  

MAP

PR

このサイトが本になりました!

2013.11.11

自貢

2013.11.11

宜賓

2013.11.11

濾州

2013.11.11

蜀南竹海

2013.11.11

李白古鎮

2013.11.11

成都四川料理博物館

2013.11.11

成都食べ歩きプラン

2013.02.01

楽山料理

2013.02.01

成都周辺の名物料理

2013.02.01

五大、十大蠅飛レストラン
page top
おいしい四川オリジナルグッズ
四川料理のガイドブック