博物館へ行こう!無添加、自家製の郫県豆瓣醤で作る豆瓣魚【成都】

川菜博物館

見るだけではない
食べれる博物館

"豆瓣魚" 
ドウバンユィー

辛い 辛い

魚は川魚の草魚(ソウギョ)、自家製豆瓣醤をふんだんに使い激辛に煮込んだ料理

川菜博物館
川菜博物館 川菜博物館 川菜博物館 川菜博物館

「九寨溝」「楽山の大仏」「都江堰」等、多くの世界遺産がある四川省、そんな世界的に有名な観光名所をさしおいて、四川人が一番オススメするのが四川料理。観光に行くのもいいけど、まずは四川料理を味わってほしい!四川料理は四川人の誇りなのです。その四川料理の歴史、伝統を守るために作られたのが、ここ川菜博物館。

「食在中国、味在四川」(食は中国にあり、味は四川にあり)と言われるほど、四川の味付けは多彩で豊富。その味付けの要となるのが、四川料理の魂といわれる調味料「豆瓣醤(ドウバンジャン)」。その一大生産地が成都郊外にある郫県(ピーシェン)です。川菜博物館はここ豆瓣醤の故郷、郫県にあるのです。そして、豆瓣醤をすべて手作り、無添加で生産をしています。

館長の丁さんに話を伺うと「大量生産されている郫県豆瓣醤はすべて工場で生産されているもの、やはり手作りの方が栄養、味の観点から品質がよいですよ」と教えてくれました。博物館の敷地奥に行くと、川菜原料展示区があり昔ながらの樽に入れられた豆瓣醤がねかされています。1年もの、2年もの、長いので3年もの間、熟成されます。

一通り見学したら、お腹がペコペコに。次は互動演示館で伝統的な四川料理を。ここはオープンキッチンになっていて料理人が作っている姿を見ながら食事ができます。もちろん撮影可。

郫県に来たなら豆瓣醤を使った料理を食べるのが鉄則、オススメは豆瓣魚。魚は川魚の草魚(ソウギョ)、自家製豆瓣醤をふんだんに使い激辛に煮込んだ料理はごはん、ビールとの相性抜群。

展示されている文献、展示品は20年間かけて収集。博物館を見て回るとわかりますが、清朝時代のアンティークな机、椅子などが到る所においてあります。この博物館を建てる時に最初に古い材料を集めて、それを活かすように設計したんです、と館長の丁さんは教えてくれました。どこかいい心地がいいなと思う私のDNAには何百年か前の中国に住んでいた記憶があったのかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
食べ方
まずは博物館を見学して、それからご飯を。夏は外で食べるのが気持ちいいです。
注文方法
すべておいしいと思いますが、おすすめは「川博豆瓣魚」「宮保鶏丁」

   「豆瓣魚,一份」    (ドウバンユィー , イーフェン)    「宮保鶏丁,一份」    (ゴンバオジーディン , イーフェン)
pageback

PR

価格、おすすめ 川博豆瓣魚48元、宮保鶏丁38元、麻醤鳳尾12元、白蜂糕15元
住所 四川省成都市郫县古城镇荣华北巷8号
住所(英語) sìchuānshěng chéngdūshì píxiàn gǔchéngzhènrónghuáběixiàng 8 hào
成都地下鉄2号線の「犀浦」(終点)まで約一時間。その後、バス「707」(40分の1本)へ乗り換え終点へ。犀浦からタクシーで約50元。
営業時間 9:00 ~ 21:00
環境 レストランは施設内にあります。
その他  

MAP

PR

このサイトが本になりました!

2013.11.11

自貢

2013.11.11

宜賓

2013.11.11

濾州

2013.11.11

蜀南竹海

2013.11.11

李白古鎮

2013.11.11

成都四川料理博物館

2013.11.11

成都食べ歩きプラン

2013.02.01

楽山料理

2013.02.01

成都周辺の名物料理

2013.02.01

五大、十大蠅飛レストラン
page top
おいしい四川オリジナルグッズ
四川料理のガイドブック