これが四川ダック!中華民国から100年続く「樟茶鴨子」【成都】

耗子洞張烤鴨

伝統的な四川ダックを

"樟茶鴨子" 
ジャンチャーヤーズ

楠の葉とジャスミン茶で燻製する四川ダック

耗子同張老鴨
耗子同張老鴨 耗子同張老鴨 耗子同張老鴨 耗子同張老鴨

街の探索は最短距離をいくタクシーより、たくさんの道をゆっくり回るバスの方が、思わぬ発見がありします。何気なくバスの車窓から外を見ていると一際古い通りが。その奥にこの店はありました。

中華民国が設立した1912年、張氏一家は成都の提督街で鴨を売り始めます。店の入り口は狭いが中が広い、まるでネズミの巣のような店だと親しまれ、次第に耗子洞(ネズミの穴)と呼ばれます。張氏の父は自慢の鴨料理に改良を重ね、次第に有名になっていき、店名を「耗子洞張鴨子」と命名。

中華人民共和国の建立後、すべての店、企業は公私共営に。もちろん耗子洞張鴨子も例外でありません。話しを聞いて驚いたのが、経営は今でも国営。当時から変わらず伝統的な製法を守り続けているのです。

この店は本店ではありませんが、50年続く老舗。昼、夜は通常のレストラン。夜10時以降から冷談杯(ランダンベイ)になります。冷談杯とは夜食の一つでたくさんのつまみを用意して、お酒を楽しむこと。成都の夜は長く、終わりがないのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
食べ方
樟茶鴨子の他いろいろな料理もあり、楽しめます。
注文方法
樟茶鴨子を注文する場合

   「樟茶鴨子,一份」    (ジャンチャーヤーズ , イーフェン)
pageback

PR

価格、おすすめ 樟茶鴨子 25元/500g
住所 四川省成都市锦江区大田坎街14号
住所(英語) sìchuānshěng chéngdūshì jǐnjiāngqū dàtiánkǎnjiē 14 hào
行き方は?成都市の中心、天府広場からの行き方になります。 104、7路に乗り「牛市口」で下車、徒歩約150m。
営業時間 9:00 ~ 5:00 22:00から冷談杯
環境 本店は文殊院、テイクアウトのみ。支店4つ。
その他  

MAP

PR

このサイトが本になりました!

2013.11.11

自貢

2013.11.11

宜賓

2013.11.11

濾州

2013.11.11

蜀南竹海

2013.11.11

李白古鎮

2013.11.11

成都四川料理博物館

2013.11.11

成都食べ歩きプラン

2013.02.01

楽山料理

2013.02.01

成都周辺の名物料理

2013.02.01

五大、十大蠅飛レストラン
page top
おいしい四川オリジナルグッズ
四川料理のガイドブック