これが本当のマーラータン!手軽に食べれる四川名物【成都】「啖三花」

啖三花

リラックスして
食べる成都グルメ

"麻辣燙" 
マーラータン

辛い 辛い

好きな串の具材を選び、火鍋のようなスープで煮込んだ料理。つけるスパイスは一味唐辛子、花椒、ピーナツ粉、パクチー、ゴマ、胡椒、黒胡椒のミックス。

"啖脑花" 
ダンナオホァー

辛い 辛い

下ごしらえをした豚の脳みそにさっと火を通し、辛く味付けした料理。

"啖蹄花" 
ダンナディーホァー

辛い 辛い

下ごしらえをした豚足をタイ風味(酸っぱく辛い)で味付け。

啖三花
啖三花 啖三花 啖三花 啖三花

一品天下通りは成都北西にある四川の有名飲食店が覇を争うグルメ通り。その中で見た目は何の変哲もない小さな店に多くの人だかりが。

店の名は「啖三花」。まだ開店して1年半ですが、TVに取材された影響もあり連日おおにぎわい。店主の王さんに話を伺うと「3ヶ月いろんなお店に行って、食べ歩いてみたんだ、それで思いついたのが麻辣燙と三花さ」

麻辣燙とは最初に串にささった好きな具材を選び火鍋のようなスープで煮て、大きな鉢にその煮汁を入れ、スパイスをつけて串を食べるという料理。この店の特徴はその「干碟(ガンディエ)」というスパイスの組み合わせ。スパイスは一味唐辛子、花椒、ピーナツ粉、パクチー、ゴマ、胡椒、黒胡椒のミックス。エキゾチックな見た目が食欲をそそります。そしてお店の名前にもなっている「啖三花」。啖とは食べると言う意味。三花は腰花(腎臓)、脑花(脳みそ)、蹄花(豚足)の三つの料理という意味。

お店には“都江堰的水,成都人的嘴,龙门阵吹牛,啖三花聊天,麻辣烫,吃了不会丢签签!”の詩が大きく書いてありました。わかりやすく訳すと「麻辣燙を食べている時は成都人はおしゃべりをしてホラを吹く。だけど串を捨てて串の料金をちょろまかしたりはしない、都江堰の水も飲んでいるし、情に厚いんだ」。 成都人のように楽しくゆったり時間を過ごすのもおもしろいかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
食べ方
人が多いので、最初に大目に麻辣燙の串を選んでおくこと。三花の中の「啖脳花、啖蹄花」はまぁまぁおいしかったです。
注文方法
麻辣燙は串を選んで渡すだけ。啖脳花、啖蹄花を注文する場合

   「啖脑花、一份」     (ダンナオホァー、イーフェン)
   「啖蹄花、一份」     (ダンディーホァー、イーフェン)
pageback

PR

価格、おすすめ 脳花:10元,腰花:18元,蹄花:15元。串は0.25元/本、紅簽:1元/分。
住所 四川省成都市金牛区一品天下379号附18号
住所(英語) sìchuānshěng chéngdūshì jīnniúqū yīpǐntiānxià 379 hào fù 18 hào
行き方は?成都市の中心、天府広場からの行き方になります。 バス105路「一品天下大街北站」で下車し、徒歩200m
営業時間 17:00 ~ 24:00
環境 支店あり。天順路,五洲花園正対面
その他  

MAP

PR

このサイトが本になりました!

2013.11.11

自貢

2013.11.11

宜賓

2013.11.11

濾州

2013.11.11

蜀南竹海

2013.11.11

李白古鎮

2013.11.11

成都四川料理博物館

2013.11.11

成都食べ歩きプラン

2013.02.01

楽山料理

2013.02.01

成都周辺の名物料理

2013.02.01

五大、十大蠅飛レストラン
page top
おいしい四川オリジナルグッズ
四川料理のガイドブック