【楽山大仏】観光後、百年続く老舗「遊記肥腸」で食べる絶品白もつスープ

遊記肥腸

百年受け継がれた
伝統の味

"游記肥腸湯" 
(yóujì féicháng tāng)

エンドウ豆とモツを煮込んだ絶品スープ。豆のコクがでてしっかりした味、モツは臭みもない。

"香酥肥腸卷" 
(xiāngsū féicháng juǎn)

モツの中にもち米を入れカリカリに揚げた新しい料理。モツを超えて芸術の域に達している素晴らしく美味しい料理。

遊記肥腸
遊記肥腸 遊記肥腸 遊記肥腸 遊記肥腸

モツ好きなら、一足のばしてこんな老舗を訪れてみてはどうでしょう。

創業は、清朝咸豊(1851年~1861年)の時代、およそ150年つづく「游記肥腸」は、一途に「肥腸湯」を作りつづけてきました。 下ごしらえをしたモツは、臭みがなく、しっかりとした弾力を保ち、そこに豆のコクが加われば、濃厚なとろっとしたスープに仕上がります。

路上での屋台からスタートしたこのお店は、あっという間に力仕事をする男の人たちの間で評判が広まり、お店の規模はどんどん大きくなりました。

戦後、社会主義の波を受け、中国全土のレストランは国営化されました。「游記肥腸」もそんな時代の影響を大きく受けましたが、 多くのお店が伝統的な作り方を失っていく中、時の店主は大切に伝統のレシピを守りつづけたそうです。

そしてそれは今日、ここ楽山の地でかわらぬまま地元の人のおなかと心を満たしています。 現在の店主は元気なおかあさん、伝統の味を守るため、あえて支店はださないというこだわりの持ち主。 そんな考えに共感する声もおおく、度々中国の中央テレビ(日本のNHK版)も取材に来るのだそう。

老舗のモツ料理をご賞味あれ。

 -【楽山人が選ぶ!楽山大仏で食べられる美味しい料理29選】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
食べ方
スープはシメでなく、最初から食べましょう。
注文方法
メニューを見て注文します。お金は後で支払います。

游記肥腸湯を注文する場合、
   「游记肥肠,一份」   (hóngyóu jiǎozi , yīwǎn)

香酥肥腸卷を注文する場合
   「香脆肥肠卷,一份」   (xiāng cuì féicháng juàn , yī fèn)
pageback

PR

価格、おすすめ 游記肥腸湯、25元。香酥肥腸卷、20元。
住所 四川省乐山市中区学道街8号-30号
住所(英語) sìchuānshěng lèshānshì zhōng
行き方は? 新南バスターミナルから、楽山へ。楽山到着後、三輪車、又はタクシーで向かう。
営業時間 夏:9:00 ~ 22:30
冬:9:00 ~ 21:30
環境 環境はキレイ。トイレもあり。
その他 更新:2013/02/01

MAP

PR

このサイトが本になりました!

2013.11.11

自貢

2013.11.11

宜賓

2013.11.11

濾州

2013.11.11

蜀南竹海

2013.11.11

李白古鎮

2013.11.11

成都四川料理博物館

2013.11.11

成都食べ歩きプラン

2013.02.01

楽山料理

2013.02.01

成都周辺の名物料理

2013.02.01

五大、十大蠅飛レストラン
page top
おいしい四川オリジナルグッズ
四川料理のガイドブック