【広漢連山鎮】大きすぎる!自家製豚で作る伝説の「連山回鍋肉」

代木儿

ボリューム満点
伝説の回鍋肉

"連山回鍋肉" 
(liánshān huíguōròu)

使用する部位は豚のお尻のお肉。八割煮んで火を通し、高さ約20㎝、厚さ0.5mmで肉を切る。それから調味料入れ炒める。食べ応えのある大きな回鍋肉。

代木儿
代木儿 代木儿 代木儿 代木儿

「連山回鍋肉」(liánshān huíguōròu)、通常の回鍋肉より数倍大きいと言われる伝説の回鍋肉です!

「一番好きなの四川料理は?」と聞かれたら、迷わず「回鍋肉!!」と即答するほど大の回鍋肉好き。 この連山回鍋肉の存在を知ったときは、心が躍るほどワクワクし、いつか食べにいきたいと願ってきました。 そんな念願の回鍋肉についにたどり着くことができました。

この巨大な回鍋肉発祥は成都から車で2~3時間ほど離れた広漢連山鎮地方にあるレストラン「代木儿」(dàimùér)。 支店はなく、この連山鎮という村でのみ営業をしています。

取材をさせていただいて驚きました。並はずれているのは、回鍋肉のサイズだけではなかったのです。 そこには店主の回鍋肉をつくることに対する徹底的なこだわりがありました。

回鍋肉で一番重要な材料、それはもちろん豚肉。なんと、その品質を維持するため自分達で豚を飼育し、生産しています。 これも全て、「おいしい回鍋肉を作りたいから」という思いからだと言いますが、いただく側としてはそこまでしなくてもと 思ってしまうほどの熱の入りよう。だから店主が言うように「他のお店に大きさをマネされても大丈夫、怖くはない。」というのは妙に納得してしまう一言。

なぜなら、おいしいものを作るために、その素材もすべて一から育てるなんてことは、単純に商売目的では絶対に達成しえないことだから。 品質に裏付けされた、店主のゆるぎない自信が現れていました。

「回鍋肉一つでわざわざ成都から3時間かけて来る価値があるのか?」と言われたら「来る価値はある!」と迷わず答えたくなるほど、 とことんおすすめの一店です。回鍋肉以外にも、もちろんいろいろな料理が楽しめます。

村までの道中、車窓からきれいな田園風景がつづき、ちょっとした旅の気分を味うことができるのも楽しみのひとつ。 店内に併設されている茶館で、食後、道中の疲れを癒しながら、ゆっくりお茶をいただいてリラックスするのもおすすめです。

 -【四川人が選ぶ!成都周辺でしか食べられない名物料理9選】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
食べ方
お肉は想像以上に大きいです。食べすぎに注意を。
注文方法
メニューを見て注文します。お金は後で支払います。

連山回鍋肉を6枚、注文する場合
   「连山回锅肉,中份」   (lián shān huíguōròu , zhōng fèn)
pageback

PR

価格、おすすめ 48元(小)、肉4枚。68元(中)、肉6枚。88元(大)、肉8枚。
住所 四川省德阳市广汉市旌金公路
住所(英語) sìchuānshěng déyángshì guǎnghànshì jīngjīn gōnglù
行き方は? ①No1バスに乗り、昭覚寺バスターミナルヘ行く。
②「广汉」までの切符を買い、出発。
③广汉に到着後、广汉東バスターミナルへ移動。
④广汉東バスターミナルから「连山镇」の切符を買い、出発。到着後、看板にそって500mほど歩く。
営業時間 10:00 ~ 21:00
環境 環境はいい。トイレもあります。お茶屋も併設してあります。
その他 更新:2013/02/01

MAP

PR

このサイトが本になりました!

2013.11.11

自貢

2013.11.11

宜賓

2013.11.11

濾州

2013.11.11

蜀南竹海

2013.11.11

李白古鎮

2013.11.11

成都四川料理博物館

2013.11.11

成都食べ歩きプラン

2013.02.01

楽山料理

2013.02.01

成都周辺の名物料理

2013.02.01

五大、十大蠅飛レストラン
page top
おいしい四川オリジナルグッズ
四川料理のガイドブック