李白の故郷はモツの聖地!「江油肥腸」で食べるモツ料理【成都】

江油肥腸

李白の故郷は
大のモツ好き

"豆花肥腸" (dòuhuā féicháng)

辛い 辛い

豆花とはおぼろ豆腐のこと。おぼろ豆腐おぼろ豆腐とはにがりを加えてから圧縮する前の、固まりかけの豆腐のこと。とモツを一緒に煮込む料理。香りが鼻に強く残り、ピリッと辛い味。おぼろ豆腐の滑らかな食感とモツの柔らかい食感が絶妙。

"仔骨肥腸" (zǎigǔ féicháng)

少し辛い

モツと排骨(スペアリブ)に米粉をまぶし、蒸した料理。食感が柔らかく口当たりもいい、絶品料理。

江油肥腸
江油肥腸 江油肥腸 江油肥腸 江油肥腸

江油は四川省北部の街。あの詩人、李白の故郷。

昔、江油に行った時、おおきなカルチャーショックを受けました。それは朝ごはん。なんと朝からモツを食べるのです。 朝からモツはちょっときついなと思い、友人に聞いてみると、これがれっきとした江油の人たちの朝ごはんスタイル! 朝ごはんにモツをいただくという習慣ができた背景には、こんなストーリーがありました。

昔々、道のりが遠い山に農作業をしに行く農民達がいました。作業場がかなり遠いので、お昼に家まで帰って昼飯を食べる時間もない。 彼らは朝ごはんをしっかり取って仕事に備えることに。しかし、お肉は高い。そこで、当時安かったモツを たくさん食べて体力温存し、 仕事に行こう!と考えました。その名残で今も江油の人々は朝からモツを食べるようなったのだとか。

モツいただくなら江油出身の店主が営むお店で!は鉄則。モツを極めた料理をどうぞご堪能ください。 きっとその日はおなかが一日みたされるにちがいありません。

昔々の江油の人々の知恵から生まれた料理、李白も好きだったのかも!

 - おいしい四川が選ぶ!【 - 成都版きたなシュランBEST 5 - 】
     ※ 成都版きたなシュランとは?四川語で汚く小さいレストラン、だけど味はいい!ということを愛情を込めて“蒼蝿館子”(ハエ飛びレストラン)と言います。四川の人にどこのご飯屋がおいしい?と聞くと必ずと言っていいほどみんな“蒼蝿館子”と答えるほどです。今回選んだ店はそんな“蒼蝿館子”の中の名店、これが「“成都版きたなシュラン”」です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
食べ方
どれもご飯と合うおかずばかりなので、一緒に食べてみてください。
注文方法
紙のメニューを渡されるので、食べたいものに「1」と書きましょう。

大根と骨付き肉のスープ、大骨湯もおおすすめです。量が多いので、注意。またここのご飯も少し変わっていて面白いですので、試してみてください。

メニューには有名な料理+モツ(肥腸)という組み合わせが多く非常に面白いです!!たとえば、回鍋肉が回鍋肥腸となっています。
pageback

PR

価格、おすすめ 豆花肥腸 22元。仔骨肥腸 23元。
おすすめ:豆花肥腸、仔骨肥腸
住所 四川省成都市武侯区肖家河中街26号
住所(英語) sìchuānshěng chéngdūshì wǔhòuqū xiāojiā hézhōng jiē 26 hào
行き方は?成都市の中心、天府広場からの行き方になります。 No.79のバスに乗り「肖家河沿街」で下車。500m先。
営業時間 9:00 ~ 14:00
17:30 ~ 22:00
環境
その他 更新:2013/02/01

MAP

PR

このサイトが本になりました!

2013.11.11

自貢

2013.11.11

宜賓

2013.11.11

濾州

2013.11.11

蜀南竹海

2013.11.11

李白古鎮

2013.11.11

成都四川料理博物館

2013.11.11

成都食べ歩きプラン

2013.02.01

楽山料理

2013.02.01

成都周辺の名物料理

2013.02.01

五大、十大蠅飛レストラン
page top
おいしい四川オリジナルグッズ
四川料理のガイドブック