進化した米線!水煮魚、酸菜魚と米線の共演「酸菜魚米線」【成都】

酸菜魚米線

魚と米麺が
合わさった新しい麺

"酸菜魚米線" 
(スゥアンツァイユィーミーシエン)

辛い 辛い

魚は草魚、ピリッと辛いスープに柔らかい米の麺がからむ

"水煮魚米線" 
(シュイジューユィーミーシェン)

辛い 辛い

ピリッ辛い豆瓣醤ベースの味

酸菜魚米線
酸菜魚米線 酸菜魚米線 酸菜魚米線 酸菜魚米線

看板を見ると「酸菜魚米線」という見慣れない料理名が。店に入り、すかさずこの看板に書かれている料理を注文。興味深々に料理を待つこと15分、通常の2倍はある大きな器に、はじめて食べる「酸菜魚米線」が運ばれてきました。

「酸菜魚」とは漬物と魚を煮込んだ有名な四川料理ですが、そこに「米線」(米からできた麺)を入れるという組み合わせ。ありそうでなかった料理は、通を唸らせる斬新さ。通常の「米線」からできた麺料理は、一椀約7元ほどですが、この料理は一椀14元。倍の価格にもかからず、納得してしまうほどのクオリティーとボリュームです。

忙しい中、店主は笑顔で答えてくれました。「飲食業界に入り10数年。色々な場所で料理を食べ歩き、みんなが好きな魚料理と、お年寄りでも食べられる柔らかい米線とは、最高の組み合わせだと確信したんだよ」と。

開店してまだ2年半ですが、数々のTV局から取材を受けています。成都一の繁華街「春熙路」にも支店第一号を出すことが決まり、順風満帆。あと10年もしたら、四川を代表する名物麺になっているかも。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
食べ方
小は一人前、中は2~3人前、大は3~4人前です。
注文方法
酸菜魚米線、水煮魚米線の小を注文する場合

   「酸菜魚米线,小份」    (スァンツァイユィーミーシエン、シャオフェン)
   「水煮魚米线,小份」    (シュイジューユィーミーシエン、シャオフェン)
pageback

PR

価格、おすすめ 小14元(1人前),中35元(2~3人前),大45元(3~4人前)
住所 中国四川省成都市武候区新光路9号附10号
住所(英語) sìchuānshěng chéngdūshì wǔhòuqū xīnguānglù 9 hào fù 10 hào
行き方は?成都市の中心、天府広場からの行き方になります。 2環路のK1線バスに乗り「紫荊路」で下車。93路、238路に乗り「桐梓林小区」で下車。徒歩400m。
営業時間 7:00 ~ 21:00
環境 本店。支店を春熙路に計画中。
その他  

MAP

PR

このサイトが本になりました!

2013.11.11

自貢

2013.11.11

宜賓

2013.11.11

濾州

2013.11.11

蜀南竹海

2013.11.11

李白古鎮

2013.11.11

成都四川料理博物館

2013.11.11

成都食べ歩きプラン

2013.02.01

楽山料理

2013.02.01

成都周辺の名物料理

2013.02.01

五大、十大蠅飛レストラン
page top
おいしい四川オリジナルグッズ
四川料理のガイドブック