完成された麺!陝西省の麺と四川の味が融合「何吉発手撕面」【成都】

何手撕面

顧客が求めているものを

"何吉発手撕面" 
(ハージファーショウスーミェン)

辛い 辛い 辛い

麺の生地を持ち、手で引き裂き作る麺、味は四川風など様々。

何手撕面
何手撕面 何手撕面 何手撕面 何手撕面

お店に入るとその皿の大きさにびっくり。とても一人では食べきれないような大きな皿にのった大量の麺。なるほど、ここの麺は一人で食べるのではなく、大勢で食べる麺のようです。椅子に座り、注文し終えるとこの店の由来が目に入ってきました。「手撕面」というのは西安がある陝西省が発祥の麺。この店を作った店主は陝西省出身の何吉発さん。

1955年、成都に出稼ぎにきた何さんは仕事がうまく見つからず、一文無しに。そんな状況を見かねた、ある見ず知らずの三輪車タクシーのおじさんは何吉発さんに一杯の麺をご馳走します。タクシーのおじさんに感謝を述べている時、何さんは彼が障害者であることに気がつきました。この一杯の麺に感動した何さんは「恩を返す」という熱い思いのもと、成都で麺屋さんを開くことを決意。そしてある決まり事を作りました。「障害者の方は無料」、それは一杯の麺が生んだ恩返し。

四川の味付けを取り入れた陝西省の名物麺はみんなの胃袋を満たすだけではなく、心も満たしてくれる、そんな麺なのでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
食べ方
一皿の量が多いので、二人一皿。具と麺を混ぜて食べます。
注文方法
小煎鶏拌面、郷村排骨拌面を注文する場合

   「小煎鸡拌面,一份」    (シャオジエンジーバンミェン、イーフェン)
   「乡村排骨拌面,一份」    (シャンツゥンパイグーバンミェン、イーフェン)
pageback

PR

価格、おすすめ 小煎鶏拌面40元、郷村排骨拌面66元
住所 四川省成都市青羊区双清南路6号
住所(英語) sìchuānshěng chéngdūshì qīng yáng qū shuāng qīng nán lù 6 hào
行き方は? バス5路「鉄門坎」で下車し、达双清南路へ。生活広場へ入ってすぐにあり。
営業時間 8:30 ~ 21:00
環境 本店。温江,犀浦に支店あり。
その他  

MAP

PR

このサイトが本になりました!

2013.11.11

自貢

2013.11.11

宜賓

2013.11.11

濾州

2013.11.11

蜀南竹海

2013.11.11

李白古鎮

2013.11.11

成都四川料理博物館

2013.11.11

成都食べ歩きプラン

2013.02.01

楽山料理

2013.02.01

成都周辺の名物料理

2013.02.01

五大、十大蠅飛レストラン
page top
おいしい四川オリジナルグッズ
四川料理のガイドブック