重慶小面を食べる!ジワジワ人気急上昇中「何食麺」【成都】

何食麺

自らの伝統、
味を広め続ける

"郷村牛肉面" 
(xiāngcūn niúròumiàn)

辛い 辛い

麺は重慶の小麺、細くコシがある麺。トッピングする具材は注文後、さっと炒める。スープはなく、各調味料で味付けし、麺にからめて食べる。出来立ての具材が美味しく麺にからみ絶妙。

"四季如意面" (sìjì rúyìmiàn)

辛い 辛い

トッピングする具材は鶉の卵、醤油づけの牛肉、胡瓜。ピリッと辛いがあっさりしている味。麺はコシがしっかりあり、麺が美味しい。

何食麺
何食麺 何食麺 何食麺 何食麺

成都で重慶の麺料理をいただけるお店を探すのは至難の業。重慶人いわく、本場重慶の麺は細くコシがあるけれど、成都では、重慶の麺とうたっていても、 重慶の麺と比べるとまだまだ太いのだとか。

太い麺がまずいと言うわけではないけれど、細くてコシのある重慶の本来の麺を求めてくるお客さんにしたら、やっぱり本場、故郷の味を再現してほしいと思うもの。 そんな、重慶人の気持ちをがっちりつかんでいるのが、このお店。重慶の伝統的な麺を一途に提供しているこのお店では、麺を作る専門的な作業場を確保し、 昔からの重慶の伝統的な麺の製法を守っています。

「何食」(hé shí)とは仏教用語の一つ。意味は「穏やか、親しみやすい(人として)」。そんな、店名を体現するように、店内を見渡すと、みんな麺を食べ終わり満足そうな顔をしています。 具材を炒めはじめるのも、注文をとってからという徹底ぶりも、アツアツの麺をお客さん食べてもらいたいというおもてなしの心から。 親しみやすいお店の雰囲気とおいしい麺の秘訣は、きっとこんなおもてなしの心が見えない空気となってお店をつつんでいるからなのかもしれません。

現在、複数の場所に店舗展開していて、とても勢いがあるお店。一度足を運んだだけでは、いただくことがでないほど、様々なメニューがありました。 何度もリピートして、他のメニューも試したくなる、そんなお店です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
食べ方
ソースと混ぜてからめる麺、スープありの麺と様々です。
注文方法
ソースと混ぜてからめる麺、スープありの麺と様々です。
麺は中盛り(小份)、大盛り(大份)になります。

乡村牛肉面を一人前注文する場合
   「乡村牛肉面,小份」   (xiāngcūn niúròumiàn , xiǎo fèn)

四季如意面の大盛りを注文する場合
   「四季如意面,大份」   (sìjì rú yìmiàn , dà fèn)

干拌(gàn bàn)と書いてあるのが、スープなくソースをからめて食べるタイプの麺です。
pageback

PR

価格、おすすめ 面は5元~15元まであります。
おすすめ:郷村牛肉面(普通8元、大盛り10元)。
四季如意面(12元)。
住所 四川省成都市金牛区群星路132号
住所(英語) sìchuānshěng chéngdūshì jīnniúqū qúnxīnglù 132 hào
行き方は?成都市の中心、天府広場からの行き方になります。 No.340、75のバスに乗り「群星路」で下車。
営業時間 7:00 ~ 22:00
環境
その他 更新:2013/02/01

MAP

PR

このサイトが本になりました!

2013.11.11

自貢

2013.11.11

宜賓

2013.11.11

濾州

2013.11.11

蜀南竹海

2013.11.11

李白古鎮

2013.11.11

成都四川料理博物館

2013.11.11

成都食べ歩きプラン

2013.02.01

楽山料理

2013.02.01

成都周辺の名物料理

2013.02.01

五大、十大蠅飛レストラン
page top
おいしい四川オリジナルグッズ
四川料理のガイドブック