美味しい蕎麦屋!日本の蕎麦屋もお忍びで視察「王婆蕎麺」【成都】

王婆蕎麺

受け継がれる
伝統技術、成都名物へ

"王婆蕎面" (wáng pó qiáo miàn)

辛い 辛い

蕎麦は手打ち、麺を切るときは伝統的な木製の製麺機でしぼり出すように麺を切ります。真っ赤な辛いラー油たっぷりの激辛の味付けから原料そのままの味を楽しめるあっさりした味付けまであります。

王婆蕎麺
王婆蕎麺 王婆蕎麺 王婆蕎麺 王婆蕎麺

蕎麦は、日本特有のものだと思っていたので、ここ成都でおいしい蕎麦屋さんを見つけた時は驚きました。

蕎麦の起源は古く、その起源地はヒマラヤ地方、中国の雲南省、タイなど諸説あるけれど、 日本で、現在のような麺としての蕎麦が登場するのは、ずっとあとの江戸時代。

ロシア、ポーランド、中国、カナダでも生産されていて、パスタやクレープ、ビール醸造などにも使用されているそう。 いろいろな国でいろいろな形で食されている蕎麦。

8年前、ここ成都で麺としての蕎麦を初めていただいたときは、そのおいしくなさにびっくりして以来、 二度と中国で蕎麦を食べることはないなと思っていたのですが、 今回行った蕎麦屋はそんな苦い思い出を払拭してくれました。

店に入ると古い木製の製麺機が目を引きます。アンティークなテーブル、椅子は日本人が設計したものを使用。 お店の雰囲気づくりへのこだわりがうかがえます。

「王婆蕎面」(wángpó qiáomiàn)は祖母、親父さん、そして息子さんが約40数年間大切に受け継いできたお店。 現在、成都に4支店ありますが、今回紹介しているのは本店です。 蕎麦粉は四川産、内モンゴル産、山西産の三つを特製配合して使用。 この配合により黄色がかった珍しい蕎麦になるのだそう。

調味料にもこだわりがあり、花椒は一番品質がいいとされる漢原産、茂県産を使用。 こんなにしびれる花椒はなかなかお目にかかれません。日本の蕎麦屋さんも視察にくるという成都が誇る名店です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
食べ方
軽く麺を混ぜて食べてください。
注文方法
メニューを見て注文、お金は先に支払います。購入したレシートを店員さんに渡して好きな場所についてください。あとは店員が蕎麦を運んできてくれます。

スープの味は紅油(hong you)、清湯(qing tang)とあり、紅油がラー油が入った四川特有の辛い味付けです。清湯はそのままの味が楽しめます。

牛肉蕎麦を清湯で注文する場合
   「牛肉荞面、一碗,清汤」   (niúròu qiáomiàn 、 yī wǎn , qīngtāng)

そぼろ蕎麦を紅油で注文する場合
   「肉绍荞面、一碗,红油」   (ròushào qiáomiàn 、 yī wǎn , hóng yóu)
pageback

PR

価格、おすすめ 蕎面、一碗10元。
おすすめ:牛肉蕎面、肉紹蕎面
住所 四川省成都市锦江区学道街113号
住所(英語) sìchuānshěng chéngdūshì jǐnjiāngqū xué dàojiē 113 hào
行き方は?成都市の中心、天府広場からの行き方になります。 No.43、56、47のバスに乗り「春熙路」で下車。200m先。
営業時間 月~木 7:00 ~ 20:30
金~日 7:00 ~ 21:00
環境 お昼時は人が多い。
その他 更新:2013/02/01

MAP

PR

このサイトが本になりました!

2013.11.11

自貢

2013.11.11

宜賓

2013.11.11

濾州

2013.11.11

蜀南竹海

2013.11.11

李白古鎮

2013.11.11

成都四川料理博物館

2013.11.11

成都食べ歩きプラン

2013.02.01

楽山料理

2013.02.01

成都周辺の名物料理

2013.02.01

五大、十大蠅飛レストラン
page top
おいしい四川オリジナルグッズ
四川料理のガイドブック