【成都】生まれの人気鍋「串串香」!300店舗を束ねる本店で食べる火鍋

袁記串串香

成都生まれ、成都の味

"串串香" (chuàn chuàn xiāng)

激辛 激辛 激辛

火鍋は赤く辛い鍋を「紅湯」(hóng tāng)、又は「紅油火鍋」(hóngyóu huǒguō)といいます。好きな串を選び、鍋に入れて火が通れば食べれます。成都生まれの火鍋。

袁記串串香
袁記串串香 袁記串串香 袁記串串香 袁記串串香

一言でいうと、火鍋をもっとお手軽にいただける、「現代版火鍋」という表現がピッタリかもしれません。

お店の一角には、火鍋の素材がみんな竹串にさして並べてあり、好きな野菜串やお肉の串を好きな量だけ選び、席に持ち帰ります。

はじまった当初は斬新な食べ方でしたが、今では多くのエリアで見られる光景になりました。 このスタイル、うれしいのは、食べているときの手軽さ。これまでの火鍋のスタイルは、全てをひとつのお鍋の中で一同に煮るため、 真っ赤なお鍋の中でどこにどの食材があるか、見つけることがちょっと大変だったのです。それが、串にさしたまま煮るこのスタイルによって、もっと手軽で食べやすくなりました。

さかのぼること、まだこの「串串香」という火鍋スタイルが、一般的ではなかった頃は、大鍋がとりつけられた重たい三輪車を押しながら、路上で人々に売り歩いていたのだとか。 道行く人は、好きな串を選び、その場で煮付けてもらい、食べながら歩いていたのだそう。今では懐かしい光景です。

そんな「串串香」という火鍋スタイルを創業10数年にして瞬く間に中国全土に広めたのが、このお店なのです。支店の数は300店舗、 お店には常に130種類以上の火鍋素材を用意し、そのおいしさ、リーズナブルさで、みんなの心をギュッとつかんでいます。

新南路にある本店は、暑い日でもクーラーはありませんが、それをどこか楽しむようにみんな汗をたっぷりかきながら、熱々の火鍋を楽しんでいます。 気取らない成都のスタイルがただよう、ちょっと懐かしい雰囲気でいただけるのも魅力なのかもしれません。

隣にはライバル店の「玉林串串香」もあります。取材していませんが、こちらも「袁記串串香」と1位、2位を争う優良店と評判のお店だそう。

お腹に余裕があれば、食べくらべてみるなんてこともありかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
食べ方
好きな食材の串を選び、鍋に入れて煮る。つけダレと一緒にどうぞ。
  → 火鍋について
  → 火鍋の写真付メニュー
注文方法
食材の串が置いてある場所があるので、そこへ自分で取に行きます。取りすぎて食べれない場合は返せないので注意を。

串は捨てずに残しておきましょう。串の数、重さで料金を計算します。

pageback

PR

価格、おすすめ 長い串 1.5元。短い串は100g、20元。
住所 四川省成都市武侯区新南路8号(总店)
住所(英語) sìchuānshěng chéngdūshì wǔhòuqū xīnnánlù 8 hào ( zǒngdiàn )
行き方は?成都市の中心、天府広場からの行き方になります。 No.55のバスに乗り「新南门」で下車。100m先。
営業時間 09:00 ~ 5:00
環境 本店。環境は普通。トイレあり。
その他 更新:2013/02/01

MAP

PR

このサイトが本になりました!

2013.11.11

自貢

2013.11.11

宜賓

2013.11.11

濾州

2013.11.11

蜀南竹海

2013.11.11

李白古鎮

2013.11.11

成都四川料理博物館

2013.11.11

成都食べ歩きプラン

2013.02.01

楽山料理

2013.02.01

成都周辺の名物料理

2013.02.01

五大、十大蠅飛レストラン
page top
おいしい四川オリジナルグッズ
四川料理のガイドブック