「冷鍋魚」!日本人はまだ知らない四川のご当地火鍋を食べよう!【成都】

三只耳火鍋

四川にある鍋文化

"冷鍋魚" (lěng guō yú)

辛い 辛い

「冷鍋魚」は四川省南部、蜀南竹海がある宜賓が発祥といわれています。
最初に薄く切った川魚肉を火鍋の中で煮ます。火が通ったら消し、まずは魚を食べる。野菜等を食べる場合は火をつけて通常の火鍋のように食べます。鍋は「紅湯」(hóng tāng)のみ。

三只耳火鍋
三只耳火鍋 三只耳火鍋 三只耳火鍋 三只耳火鍋

看板の文字がなんだかおいしそうな雰囲気をかもしだしています。

こちらのお店の火鍋では、たっぷりのお魚を入れていただくのが特徴です。 四川でいただけるお魚は、川魚のみ。 日本のおいしい臭みのないお魚を日常的に食べいてるわたしたちは、 素材そのもののうまみをシンプルにいただくエキスパートといってもいいかもしれません。

だけど、せっかくの旅先、お魚をまたちがったティストで楽しむのもいいものです。 このお料理は、四川の人たちのお魚のポピュラーな食べ方なのです。

お魚は注文後、さばいてくれるのでとても新鮮ですが、味のうすいスープでは臭みがどうしても気になります。 一般的な食べ方は、 このお店のように、たっぷりとスパイスを効かせたとっても辛い「紅油」(hóng yóu)ベースのスープに入れて。

お魚はいろいろな種類の中から、好きな量だけオーダーすることができます。 最初にお魚を煮て、煮終わったら、お鍋の火を消し、まずはお魚をいただきます。 そのあと、お魚のだしがたっぷりきいたお鍋で、お好きな野菜をくつくつ煮ていただきます。

薄く切られた淡白な白身にたっぷりのスパイスが染込み、想像以上においしいのでお魚をこうして食べるのもあり!と満足してしまいます。

普通の火鍋にあきてしまったら、こんなチョイスもありではないでしょうか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
食べ方
先に魚を食べる。その後、火を点け野菜等を食べ始めます。
注文方法
最初に好きな魚を選びましょう。二人だとこれくらいと店員さんが教えてくれるので、参考にしてください。

花鰱魚(レンギョ)を二人前、注文する場合(一人500g、計1kgを注文)
   「花鰱鱼,两斤」   (hóngyóu jiǎozi , liǎng jīn)
pageback

PR

価格、おすすめ 花鰱魚(レンギョ)、500g 25元。頭のみの場合は35元。
住所 四川省成都市玉双路25号
住所(英語) sìchuānshěng chéngdūshì yùshuānglù 25 hào
行き方は?成都市の中心、天府広場からの行き方になります。 No.127のバスに乗り「东安南路」で下車。200m先。
営業時間 11:00 ~ 23:00
環境 成都市内に複数支店があります。トイレあり。
その他 更新:2013/02/01

MAP

PR

このサイトが本になりました!

2013.11.11

自貢

2013.11.11

宜賓

2013.11.11

濾州

2013.11.11

蜀南竹海

2013.11.11

李白古鎮

2013.11.11

成都四川料理博物館

2013.11.11

成都食べ歩きプラン

2013.02.01

楽山料理

2013.02.01

成都周辺の名物料理

2013.02.01

五大、十大蠅飛レストラン
page top
おいしい四川オリジナルグッズ
四川料理のガイドブック